【知識ゼロでOK!簡単解説!】「NEM(ネム)/XEM」とは?平等な仮想通貨?

 

新しい可能性と思想をもつ「NEM(ネム)/XEM(ゼム)」とは?

最近多くの話題を呼んでいる仮想通貨ですが、その中でもやはり最初に目につくのがビットコインです。

そんなビットコインを調べている中で、「マイニング(採掘)」で報酬を得られると知り、深く調べていった結果がっかりした方も多いのではないでしょうか。

その多くの理由は、現状ではすでに「ビットコインのマイニング(採掘)は一般人が行えるものではなくなっている」という点だと思います。

マイニングというのは、簡単に言えば「ビットコインにおける取引データの精査に協力した人が、ビットコインによる報酬を得る」という事です。

この時に発行されるビットコインは「新規発行」されたものである為、このことに由来し「マイニング(採掘)」という名が付いています。

ですがこのマイニング、現在では一般人では保有できないほど高性能の複数のコンピューターと莫大な資金が必要な作業となってしまいました。

その為、一般人がビットコインのマイニングで報酬を得る事は困難とされており、マイニングによる権力差が大きく表れてきています。

この事から、現在「経済的な平等さ」はビットコインからは失われつつあると考えられます。

ですが、そんな仮想通貨にも「経済的平等」に重点を置く仮想通貨が生まれました。

それが今回ご紹介する「NEM(ネム)」です。

このNEMという名は「New Economy Movement(新しい経済運動)」略称として登場しましたが、現在では仮想通貨の名称として知名度をもっています。

その名が表すようにNEMが目指しているのは「新しい経済圏」の創造と実現です。

それがどのような経済圏かというと、先述のとおり「経済的な平等と自由」をもった経済圏です。

更に、ビットコインではマイナス面となってしまった「権力の分散化」、更に仮想通貨には不可欠となった「連帯感(連帯意識)」。

これらを持ち合わせた経済圏を確立し目指すのが「NEM」です。

ではそんな、独特の思想をもって開発された「NEM(ネム)」という仮想通貨について、今回はご紹介していきたいと思います。

仮想通貨「NEM/XEM」の通貨単位・発行量・特徴について

先ほどご紹介した通り、「NEM(ネム)」という仮想通貨(暗号通貨)は

「経済的な平等と自由」「権力の分散化」「連帯感(連帯意識)」

を持ち合わせた、「新しい経済圏」の創造を目指した仮想通貨です。

また、このNEMにおいても、「高い安全性が確立されている」ということは大前提です。

 

※補足として、この「経済圏」というのは、その通貨が通用する(一般使用できる)範囲(圏内)の事です。

具体的な例でみてみると、日本という国では「円」、アメリカという国では「米ドル」が流通され金銭取引ができるようになっていますが、それと同じように、NEMのネットワーク(国)内では「XEM」が一般使用できる通貨という事になります。

このように「とある通貨が一般使用できる範囲」がその通貨の「経済圏」となります。

よって「NEMの思想を実現させた、XEMが主流通貨となる経済圏」が、NEMの目指す「新しい経済圏」という事ですね。

「NEM」の通貨単位と総発行量

この「NEM」の通貨単位は「XEM(ゼム)」と言います。

実際に使用される場合「1XEM」といったように表記されます。

また、「NEM/XEM」の総発行量は「899,999,999(89億9999万9999)XEM」です。

因みにこの総発行量分のXEMは現在すべて「発行済み」ですので、総発行量の改定がない限りは新規発行されることはありません。

そんな「NEM」が世で初めて人の手に渡る事になったのは2014年1月21日。

この日にNEMの開発側より「300XEM=0.03BTC」という価格で募集がかかり、応募した計1,600人の投資家に90億XEMが分配されました。
(1人当たりでみると、「約 5,625,000XEM(=約54,562,500円)」)

開発側としては3,000人を当初の目標としていたそうですが、くしくもその目標値には至らなかったようです。

因みに、配布当時のNEMは「1XEMあたり9.4円程度」の価値をもって分配されたのですが、当時のNEMの価格は現在の1/3の価格でした。

これまでのチャートから「NEM/XEM」の相場をみても、2017年上半期で長期上昇トレンドに2度ランクインするなど、現在も価格は上昇傾向にあるようです。

ではそんな「NEM」ですが、ビットコインやイーサリアムなどとは何が違うのでしょうか?

先述したハーベスティング(収穫)という報酬形態の説明も含め、続いてご紹介いたします。

「NEM/XEM」の「ハーベスティング(収穫)」とは?

先述した通り「ビットコイン」ではすでにマイニング(採掘)における権力差が大きく、力ある「開発者・資産家・権力者」への権力集中が問題となっています。

ですが、「NEM(ネム)」は「平等」を目指す通貨であることからも、開発者や資産家へ権力が集中しないようにという対策をとっています。

それがNEMの「ハーベスティング(収穫)」という報酬形態です。

このNEMによる「バーべスティング(収穫)」について、どのような事をすると報酬を得られるかというのを簡単にいうならば

「一定期間の間、NEMのクラウドアカウントに保管したXEMの総保有数の10%分が、10,000XEMを超えているという条件を満たしていれば自動で報酬が発生する」

という仕組みで報酬が得られます。

ここで疑問なのは、すでに総発行量分が出回っているNEMはどこからその報酬が出てくるのかというと、まず「NEM」の取引の際には、取引手数料としての「NEM」を支払い「取引の証明」を獲得します。

その際に発生した手数料が「ハーベスティング」の報酬に回ります。

つまり、この「取引手数料としてユーザーから支払われた手数料のNEM」が、上記の条件を満たしているNEMユーザーに支払われる。

これがNEMによる独自の報酬形態「ハーベスティング(収穫)」です。

この報酬獲得対象となるユーザーは「アカウントの質」を重視した上でランダム選抜されるようになっています。

「ハーベスティング(収穫)」を行うための10,000XEMとは?

上記で、NEMの「ハーベスティング(収穫)」で報酬を得るためには「総保有XEMの10%分が10,000XEMを超えている必要がある」と書きました。

この条件を満たす為の「10,000XEM」は、ただその場でこの分量満たせばよいというわけではありません。

NEMのクラウドアカウントでは、24時間ごとにその時の「総保有XEM」の10%分が「権限の与えられたXEM」に変化するという仕組みがあります。

この「権限を与えられたXEMの残高」は「Vested Balance」と呼ばれます。

これが「ハーベスティング」に必要なXEMであり、その条件を満たすのはこの「権限の与えられたXEM」になった「10,000XEM」ということになります。

「ローカル」と「デリゲート(委任)」 2種類の「ハーベスティング(収穫)」

また「NEM(ネム)」の「ハーベスティング(収穫)」には2種類の方法があり、

「ローカルハーベスティング」「デリゲート(委任)ハーベスティング」

という名称がついています。

この2種類について簡単にご説明すると

「ローカルハーベスティング」は、PC電源をつけたままで行うハーベスティングです。

手数料はかからず操作は簡単ですが、長時間専用のソフトウェアを起動していなければならないので電気代がかかり、自分で操作を行う必要があります。

「デリゲート(委任)ハーベスティング」はPC電源を落とした状態でも可能なハーベスティングです。

手数料(有効・無効操作ともに10XEM程度)と6時間の待機時間が必要となります。

また利用するリモート系のソフトウェアを利用する場合は、定員が決まっている場合もあります。

その為、なるべくでも電気代や自身の行動を制限されない時間的なコストを抑えたいという方は「デリゲートハーベスティング」。

電気代を気にせず、とにかく手数料なくハーベスティングを自身の手ですぐに行いたいという方は「ローカルハーベスティング」を活用すると良いでしょう。

いずれにせよご自身の都合に合わせた方法を選択する事をおすすめします。

「ビットコイン」「イーサリアム」の改良版となる「NEM」

さて、ここまでNEM独自の報酬形態「ハーベスティング(収穫)」についてご紹介しましたが、このハーベスティングでは、報酬が得られるユーザー(アカウント)がランダムで選抜されるとお示ししました。

この仕組みの事を「PoI」と呼びます。

NEMの取引には約1分ほどかかりますが、この取引にかかる1分間の間で「誰に報酬が渡されるのか」の処理が行われます。

この報酬を受けられる確率を高める為には、アカウントの質を高める必要があります。

アカウントの質(重要度)とは「XEMの保有量」「総取引額」「取引相手」などから計算され、その質(重要度)が高いユーザーがXEM報酬を得られる確率が上がります。

これによってNEMの目指す「平等」「権力の分散化」が支えられます。

ではビットコインとイーサリアムではこれらがどう違うのかというと、ビットコインは「PoW」イーサリアムは「PoS」(※こちらは導入中)というシステムを取り入れています。

このシステムの仕組みが、ビットコイン・イーサリアム・NEMそれぞれの違いです。

ビットコインの「PoW」では、莫大な計算量が必要となる為、それの成果(仕事量)が重視されてはじめて報酬が得られます。

これが原因で、高性能なコンピューターをより多く保有できる資産力があるユーザーに権力が偏りました。

次に、イーサリアムが導入しようとしている「PoS」では、コストの削減や承認時間の短縮などが優先的になされましたが、その代わり「資産が多いこと」がこちらの成果となりますので、やはり資産力のあるユーザーに権力が偏ります。

そこで、権力の偏りを防止するために導入されたのがNEMの「PoI」なのです。

「PoI」では、ユーザーの質(重要度)が判断材料となることからも、「PoI」を正しく運用している事で数値や資産、ユーザー規模だけに振り回されない判断基準をもっています。

このように、報酬を与えるユーザーの判断基準が、まず「NEM」「ビットコイン」「イーサリアム」の大きな違いとなっています。

以上のように、既出の有力な仮想通貨との差別化をはかり、NEMが理想とする「経済の平等と自由」「権力の分散化」「連帯感」をもった経済圏の創造を目指す為にNEMはその独自のシステムを取り入れました。

その為、今までの仮想通貨とはまた違う思想をもつ仮想通貨であることから、NEMは今後拡大し、注目を集めていくことになるだろうと考えられます。

 

「ネム(XEM)」が買える取引所一覧

運営元取引所名
日本ザイフ/Zaif
海外ポロニエックス/Poloniex

 

最後に

今回の記事では「新しい経済圏」の創造を目指した「NEM/XEM」についての簡単なご紹介をさせて頂きましたが、NEMは何よりも「平等さ」を強く念頭においた仮想通貨(暗号通貨)です。

そういった事からも、今後ビットコインやイーサリアムなどの有力な仮想通貨に対して強い追い上げをみせていくと考えられる仮想通貨です。

国内の取引所では「Zaif(ザイフ)」「Coincheck(コインチェック)」が「NEM/XEM」を取り扱っている暗号通貨取引所となります。

また「Zaif」においては、「NEM」と公式に協力関係を結んでいることからも、今後の将来性においても力強さを感じます。

NEMの相場についても、上昇傾向にあることから、NEMの経済圏もより拡大をみせていくと考えられる為、ZaifやCoincheckのアカウントをお持ちの方は、この「NEM/XEM」にも是非注目してみてください。

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】