【今後上がる仮想通貨!?】ライトコイン(Litecoin)とは?価格相場はどう?簡単解説!

最近値上がりが気になる仮想通貨「ライトコイン」とは?

「ライトコイン」とは「ビットコイン」などと同じ仮想通貨(暗号通貨)の一つです。

また、「決済」という用途を主として開発された仮想通貨であることから、働きは「ビットコイン」と同じものとなります。

更に、流通や管理に関する中央機関がない「非中央管理型」システムを採用しており、様々なマイナー(採掘者)が協力し、取引の管理を行っています。

このように、様々な点で「ビットコイン」と同じ点をもっている「ライトコイン」ですが、「ライトコイン」は「ビットコイン」の次世代というよりは、「ビットコイン」と共存する、あるいは「ビットコイン」を補完するという点をベースに作成された仮想通貨なのです。

勿論、仮想通貨として価値ある存在であるという点に変わりはありませんが、「ビットコイン」を超えるのではなく、「ビットコイン」に希少性は劣っても「ビットコイン」よりも流通や取引をしやすい通貨として「ライトコイン」は生み出されました。

そんな「ライトコイン」ですが、「ビットコイン」とは具体的にどのような違いがあるのでしょうか?

次で見ていきたいと思います。

「ライトコイン」と「ビットコイン」の違い

まず「ライトコイン」と「ビットコイン」の違いを簡単にまとめてみると

 

・「ライトコイン」には明確な開発者がいる

・埋蔵量が「ライトコイン」の方が多い

・「ライトコイン」の方が発掘難易度が易しい

・「ライトコイン」の方が決済完了スピードが速い
 (※「ビットコイン」は約10分、「ライトコイン」は約2.5分)

 

この4点が、まず「ライトコイン」と「ビットコイン」における大きな違いです。

上記からわかるように、「ビットコイン」にはサトシ ナカモト(Satoshi Nakamoto)氏という開発者がおりますが、この方はネットに論文を投稿し名前が知られただけで明確な人物像が現在もわかっていないのです。

これまでにこの人物においては様々な論争がなされたり、「私がそうだ」の名乗る方も出てきましたが、いまだに真実は明かされていません。

その為、「ビットコイン」には特定の明確な開発者はいないとされています。

また、「ビットコイン」のマイニング難易度は、今では莫大な資産がなければならないというほどの高難易度な作業となりました。

開発者の明確さについてはあまり問題はないとしても、マイニング難易度や取引完了までの所要時間についてはやはりデメリットになりつつありました。

そんなデメリットに対策を打ったのが「ライトコイン」なのです。

という事で、次ではそんな「ライトコイン」の特徴についてみてみます。

仮想通貨「ライトコイン(Litecoin)」の特徴

最初に「ライトコイン」の基本的な情報をお示しします。

通貨名称ライトコイン(Litecoin)
通貨単位LTC
開発者チャーリー・リー(Charlie Lee)
発行上限8,400万LTC
管理システムPoW(Proof of Work)
取引所要時間約2.5分
運営元Litecoin Project
運用開始日2011年10月7日
公式サイト(日本語版)https://litecoin.org/ja/

以上が「ライトコイン」における基本情報なのですが、以下でこれらをもう少し詳しく見てみます。

仮想通貨「ライトコイン(Litecoin)」の基本情報

「ライトコイン」は、あの有名なgoogle社の元社員であるチャーリー・リー(Charlie Lee)氏によって開発された仮想通貨です。

リー氏は「ビットコインが金ならば、ライトコインは銀となることを目指す」として「ライトコイン」を開発し、「希少価値は「ビットコイン」に劣ったとしても、埋蔵量や取引という点で、流通・運用をしやすくした仮想通貨を」という事で運用が開始されました。

その結果として、埋蔵量はビットコインの約4倍で、取引所要時間は約2.5分とし、ビットコインよりも流通・運用しやすい形式をとりました。

その他については、基本的には管理システムなどもビットコインと同じなので、システムについても十分に運用可能なものを採用しています。

ただし一点だけ、問題視というほどではありませんがユーザーの中では不安が生じている部分があります。

それが「取引所要時間」が約2.5分という点です。

この「取引所要時間」というのは、仮想通貨における決済などの取引(=トランザクション)の処理にかかる時間です。

「ビットコイン」はこの所要時間が「10分」です。

ですがこの10分というのは、ブロックチェーンシステムに取引情報が常時記録されていく上で、間違った情報が割り込んだ時にそのまま即時登録されてしまわないように、管理情報の整合性をとるために最適な時間として設定された時間です。

つまりブロックチェーンシステムの開発者であるナカモト氏が設定した10分は、情報の整合性をとりながら記録をとり取引を行わせる上で最も適したのが10分だったのです。

ゆえに、これを7.5分も縮めてしまっては、速度は上がったがその整合性はとれているのか。

というのが不安の声です。

そしてこちらの点については対策が打たれているという様子がない事から、この点についてはグレーゾーンといったように見受けられます。

ブロックチェーンシステムについてを深く理解している方からすると、この点はどうしても不安の種になっているようですね。

ですが、「ライトコイン」も現在でもまだ通常運用され続けている為、致命的なダメージは出ていないように考えられます。

その為、「ライトコイン」はそういったリスク面を踏まえてその取引速度を得たと考え、より早く取引を完了させたい方は「ライトコイン」を利用すると良いでしょう。

仮想通貨「ライトコイン」の価格相場は伸び悩んでいる?

そんな魅力的な取引速度や埋蔵量、そしてマイニング難易度が比較的簡単であることなどの魅力を踏まえた「ライトコイン」ですが、実は日本国内取引所では「コインチェック(Coincheck)」でしか取り扱いがありません。(※2017年7月現在)

ビットコインと同じ機能をもっている上、上記の魅力からもう少し話題性が出てもよさそうなのですが、実は「ビットコインと同じ」だからこそどうしてもその流通量や価格相場に伸び悩みが生じています。

更に、現在では取引所で取引を行う事で、ビットコインの取引でも10分かからず取引が可能な場合もあります。

そういった、仮想通貨からの改善ではなく、取引所などによってすでに「10分」に対しての改善策はうたれている点や、取り扱い取引所が少ない事からも、国内での「ライトコイン」の流通はあまり大きな波にはなっておりません。

この点が「ライトコイン」の流通の難点となっているのですが、そんな「ライトコイン」が今年2017年の前半で3回ほど大きな相場変動により値上がりを見せました。

今回は最後にその3回の相場変動についてをご紹介したいと思います。

「ライトコイン」が値上がりした3つの出来事

「ライトコイン」が値上がり(価格高騰)を見せた要因は以下の3点です。

 

2017年5月11日 「ライトコイン」に「セグウィット(SegWit)」が導入された

2017年5月24日 仮想通貨のカンファレンス「コンセンサス2017」の開催(最終日)

2017年6月19日 イギリス大手取引所「Bitstamp」で「ライトコイン」が取扱開始

 

これら3点の出来事をきっかけに、2017年上半期に「ライトコイン」は急激な価格高騰を見せました。

これらの各価格高騰については、ある程度事前予告における期待値などから上がるであろうと思われてしましたが、それまで価格変動が大して起こっていなかった「ライトコイン」としては、期待以上の値上がりをみせています。

また6月19日については前半2点とは違い価格の底上げ成功といった価格高騰となっています。

このように、「ライトコイン」は十分今後に期待できる状況になりつつあります。

現在、「ビットコイン」の様々な問題から暴落や、上記の「スケーラビリティ問題」により、「ビットコイン」が二分化するのではないかという心配が出ている事からも、ビットコイン」は価格の上下が常起こっている状態で安定した上昇は見られません。

その為、イギリスの大手取引所が「ライトコイン」を導入したという点もあり、「ライトコイン」にはやや希望の光が差してきたのではないかと思われます。

そして、開発者であるリー氏が現在もまだ様々な試みを行っている事からも、今後の価格変動は続くと考えられますので、仮想通貨を取り扱っていかれる皆様も、「ライトコイン」の今後の動向についてはチャートと共に追っていく事をオススメいたします。

簡単なまとめを添えまして、以上で「ライトコイン」のご紹介とさせていただきます。

以下には、今回ご紹介した2017年における「ライトコイン」の価格高騰についてのご紹介と考察を掲載いたします。

以下の情報を「ライトコイン」の今後を見据える材料の一つにして頂けましたら幸いです。

2017年5月11日に関する「ライトコイン」の価格高騰について

まず1点目の「ライトコイン」の「セグウィット」導入。

この「セグウィット(SegWit)」というのは、簡単に言うと、現在の「ブロックチェーン」システムで色々な情報を管理する場合に、従来よりもより多くの情報をひとつのブロックに収納する事ができるようにし、また処理に必要な容量を軽減するために行う「処理」の事です。

つまり、「ブロックチェーンシステム内の保存容量がいっぱいになってしまったら、今後の取引情報が保存できないのでどうしたらいいか?」という問題に直面している「ビットコイン」の「スケーラビリティ問題」というものへの対策として、「ライトコイン」がその対策を先行試用したのです。

これが5月11日に起きた「ライトコイン」高騰のきっかけです。

これにより、上記に述べたものに加えてもう一点、「ライトコイン」が優位となるポイントが出てきたのです。

この期待から「ライトコイン」の価格は高騰しました。

もちろんこの導入報告がなされたのは5月11日より前でしたので、そこから値上がりは始まり、この「セグウィット」導入における相場変動に関しては最大「1LTC=約4,409円」まで上昇したようです。

ただし残念な事に「セグウィット」アクティベート直後、一気に下降となりました。

2017年5月24日に関する「ライトコイン」の価格高騰について

こちらについては、2017年5月22日~24日にNYで開催された「コンセンサス2017」がきっかけと思われます。

こちらはあくまで管理人の予想ですが、この5月24日に「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」そして「ライトコイン」の価格が上昇しましたので、恐らくこのカンファレンスにより様々な方が仮想通貨に価値を見出し買いに出た為ではないかと考えています。

こちらでは最大「1LTC=約4,066円」までの価格上昇に至り、前回よりは劣りますが、前回の下降を取り戻すかのような上昇をみせています。

ただし、このカンファレンス後、アメリカ合衆国の取引所「Gemini」にてとある財閥から約3,000BTCが売りに出されるという出来事がありました。

その為かは定かではありませんが、この時点でビットコインの価格が急激に下がり、それにつられるようにその他の仮想通貨ならびに「ライトコイン」も価格を落としてしまいました。

ですが、こちらの3,000BTC以外にももう一つ考えられるのは、この「コンセンサス2017」の直後という点も踏まえ仕手(※)の可能性もあります。
(※仕手(シテ):大きな利益取得を目的とした、公開市場(株式、商品取引、外国為替など)での大量の投擲的売買を人為的に行う相場操縦法のひとつ。)

これだけ話題性があり、一攫千金の可能性もある仮想通貨市場ですので、やはりそういった相場操縦や組織的な事案もありえなくはない話です。

その為、管理人の考察ではありますが、こちらでの価格変動は上記のような理由から起こったのではないかと考えています。

2017年6月19日に関する「ライトコイン」の価格高騰について

こちらは、そのきっかけへの期待値から当然のように価格高騰した出来事です。

2017年6月19日からイギリスの大手取引所「Bitstamp」が「ライトコイン」の取り扱いを開始いたしました。

勿論「ライトコイン」の「セグウィット」と同じく、事前に報告されていたものですので、こちらもその話題性や大手取引所が取り扱うならという期待値から、「ライトコイン」の価格高騰は十分なものでした。

まだこちらの出来事から大して日にちはたっておりませんが、当記事を執筆している2017年7月6日までの相場では、最大「1LTC=約6,545円」となっています。

因みに、6月19日以降から価格は大きく緩やかな谷を描きつつも十分に価格の底上げがされました。

前回の最大値からプラス約2,000円ほどの最大値を記録した事になります。

6月19日以降は基本的に3,000円~5,000円といった幅をキープしています。

その為、今回の底上げ成功により、「ライトコイン」の価格相場からは目が離せない状況となっています。

以上が、2017年で「ライトコイン」が大きく高騰したきっかけとなる3点についてのご紹介と考察となります。

管理人の情報収集にも限界がありますので、こちらの記事をご覧の皆様も、この点をきっかけに新たな考察をしつつ、「ライトコイン」の今後をお楽しみ下さい。

 

「ライトコイン(LTC)」が買える取引所一覧

運営元取引所名
日本ビットフライヤー/bitFlyer
日本ビットバンク/bitbank
海外ポロニエックス/Poloniex
海外ビットレックス/Bittrex
海外リクイ/Liqui

 

仮想通貨の価格変動について

今回の「ライトコイン」の価格変動からもわかるように、仮想通貨の相場等の状況判断において大切なのは「日本国内の出来事だけで相場は動かない」という事です。

特に「ライトコイン」のように海外で多く流通している通貨は海外での出来事をきっかけに大きく動くことが多いのです。

今回の3点もすべて海外で起こった出来事です。

ですので仮想通貨の相場を見極めるう上では視野を広げ、世界的な動きに目をやりつつ相場の予想などをしていくと良いでしょう。

また、ニュースを追わずとも、投機をお考えの場合は、「自分がみやすいチャート」を表示している国内取引所をおさえて、毎日の相場チェックを行う事をお勧めします。

それだけでも、今その仮想通貨に何が起きているのかの察知はできます。

数日にかけて上昇し続けている、または下降し続けているならばその原因は何かあるはずです。

ですのでその状況を確認した場合は、まず世界的に何か起こっていないかニュースを取り扱っているサイトやTwitterなどから情報収集を行うと良いでしょう。

ただし、投機はすべて自己責任で行わなくてはならないものですので、焦って大金をつぎ込み大損するという事のないよう、見極めをする目と知識を養って下さい。

当サイトでは「ビットコイン」や「ライトコイン」をはじめ、今後も「わかりやすく」を第一に仮想通貨に関する様々な情報発信を行ってまいりますので、当サイトの情報をぜひともご活用いただけましたら幸いです。

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】