【やさしく解説!】仮想通貨(暗号通貨)の「ICO」ってどういう意味?

仮想通貨(暗号通貨)の「ICO」とは?

仮想通貨の事を調べていると、「ICO」というキーワードが目につく場合があります。

この「ICO」というのは、簡単に言ってしまえば「仮想通貨を活用した資金調達」です。

仮想通貨の中にはビットコインやイーサリアムのようにかなり有名になってきた通貨がたくさんありますが、そんな有名な仮想通貨の中にも「トークン」という分類の仮想通貨が存在します。

これらは、とある企業(または人物)がオリジナルで作り出した仮想通貨の事で、主に「独自トークン」という名称でも呼ばれています。

まだ仮想通貨としての流通では大きく出回っていないオリジナルの仮想通貨の事ですね。

仮想通貨の情報サイトなどを見ていると、独自トークンを購入してもらうという方式での寄付を受け付けているサイトもあります。

こういった資金集めや、ご自身の仮想通貨を流通させてみたいという目的で様々な企業・人々が作成している仮想通貨が「トークン」です。

実は、そんな「トークン」を「正式に発行する前に安価で販売」し、「私の作った独自トークンを〇月〇日に発行するので、その前に安価で購入し、資金調達に協力してくれませんか?」というような名目のもと、「トークンを発行して資金調達をしたプロジェクトが成功すれば、そのトークンには購入時以上の価値が出ることになる」という可能性を見出し購入してもらうという、このような方法で販売購入する事を「ICO」というのです。

つまり、

「発行側は事前に投資をしてもらい、プロジェクトなどの資金調達をする」

「購入側は事前に投資し、発行後、プロジェクトが成功しトークンに価値が出たと同時に売って利益を得る」

というのが仮想通貨での「ICO」(または「クラウドセール」)というものなのです。

ローマ字で並んでいるのでわかりにくいですが「ICO」=「未公開の仮想通貨を販売して行う資金調達」であるとご理解ください。

では、簡単な導入はここまでとして、この「ICO」についてもう少し詳しくみてみましょう。

「ICO」の意味って?「クラウドセール」って何?

まず、基本的な事からになりますが

ICO」は「Initial Coin Offering」の略称です。

こちらの名前は株取引でよく目にする

「IPO」=「Initial Public Offering」から由来してつけられた名前です。

この「IPO」は、様々な企業が自社の「株」を、自由に売買できるようになる前に安価で限られた資産家に販売するという、「未公開株」による「資金調達」の方法です。

こちらは投資(購入)側としては、「ICO」と同じく、「未公開の株(まだ市場に出回っていない株)」が市場に自由に出回る際、株に購入時の値段を上回る価値が出る事を期待して、公開前に株を購入し、上場時に売って利益を得る。という流れになっています。

「ICO」はこの「株」が「未公開の仮想通貨」、つまりは「コイン」である為に「Initial Coin Offering」という名前になったのですね。

そしてこの「独自のトークン(オリジナルの仮想通貨)」を発行して、ユーザーたちに安価で購入してもらう、という方式で資金調達をする「ICO」を「クラウドセール」とも言います。

「ICO」も「クラウドセール」も、

「その人(企業)の独自トークン(オリジナル仮想通貨)を正式発行する前に安価で販売し、発行側は資金調達をする。そして購入側は安いうちに購入する事で発行後の価格高騰による利益を得る」

といった資金調達または投資を示しています。

ですので「ICO」=「クラウドセール」とご理解下さい。

さて、そんな「ICO」ですが株の「IPO」とは違う点がいくつかあります。

そちらを以下でみてみましょう。

 

「ICO」(仮想通貨)と「IPO」(株)の違い

「投資の際に購入する物」

ICO:仮想通貨(独自トークン)

IPO:株券

 

「投資の使用する通貨」

ICO:発行側が指定した仮想通貨(主に「ビットコイン」や「イーサリアム」)

IPO:取引所が指定した法定通貨(日本国内の証券取引所であれば日本円)

 

「購入時に利用する仲介業者」

ICO:なし(※)

IPO:証券取引所

※「ICO」の場合、通貨発行者がwebサービスを経由して送金先の情報を送る場合があるが、購入者はどちらにせよ直接発行者へ送金するので、仲介業者が直接何かの手続きをするわけではない。

 

「購入権に関する競争率」

ICO:銘柄にこだわらなければ低いが、人気が高いと競争率も高い
  (上限額に達するまでは希望すれば誰でも投資可)

IPO:高い
  (基本的に証券取引所への申し込みをして抽選で購入者が決まる為、どんなに早く申し込んでも落選すれば購入すらできない)

 

「購入タイミングによる価格変動」

ICO:早ければ早いほど安く、遅ければ遅いほど高くなる

IPO:変動なし(証券取引所が提示した値段で購入)

 

「購入可能期間」

ICO:長い(約1か月程度)(※)

IPO:短い(約7日程度)(※)

※「ICO」の場合は、大体はこの程度の期間ですが最悪もっと長い場合や発行日が未定になる場合もあります。

※「IPO」の場合は、この購入可能期間の前に「購入権の抽選申込期間」が4~6日間程度あり、その後当選発表当日の次の日から購入期間が始まるのが大体の流れです。

 

「投資のはじめやすさ」

ICO:難易度はやや高め
  (日本語の解説サイトがありますが、基本的には海外サイトを経由したりしなくてはならないのが現状で、それなりの知識や運も必要です。)

IPO:難易度は普通
  (日本語ですべてが解決する点では難易度は比較的低く、またチャートを見極める必要がない事から難易度は高くありませんが、資産力と判断力、そして運と根気が必要です。)

 

さて「ICO」(仮想通貨)と「IPO」(株)の違いはこのようなものがあげられますが、いかがでしょうか?

正直なところ、あまり投資をするという点からの「ICO」に突出した魅力的を感じられないかもしれません。

もしくは投資するならIPOの方がいいんじゃないの?と思われたかもしれません。

実はリスクからみても、資産力がある方ならばどちらであっても変わりはないといった点が現状です。

しかし、その手軽さや、タイミングさえしっかりとみていれば購入の確実性も増し、比較的低コストでの「未公開」への投資ができるという点は大変魅力的なのですが、この「ICO」にはやや問題点がありその入り口を狭くしてしまっているのです。

その問題点が「言語」と「見極めの難しさ」です。

実は、この「ICO」で投資を行う為には海外サイト(海外取引所)の経由が必要な場合がほとんどなのです。

日本語での解説サイトがあるにしろ、海外サイトの利用に慣れていない方は(海外サイトの仕様も日本とは違う点が多い為)すこし引け目を感じてしまう方も多いと思います。

かくいう管理人も海外サイトでの取引や決済はなぜか緊張します。

ですので、そういった「入口の入りずらさ」が現在の「ICO」初心者の第一関門です。

そして、外国語で書かれた投資先となるプロジェクトの概要を見て、信頼性があるかも見極めなければなりません。
(現在の「ICO」を行っているトークンを参照するには「ICO Coutdown」という海外サイトが便利です。)

というのも、「IPO」の場合は金融庁から認可された証券取引所で購入すれば、「株が発行されない」という詐欺には遭いません。

ですが、ICOの場合は「個人と個人」のやりとりになりますので、そのプロジェクトを主催している方や、個人が何らかの理由で発行を取りやめてしまうと発行されるコインすら手に入らないという状態になります。

こういったリスクもある為、「ICO」での投資を行う場合はより投資先の見極めが重要となるのです。

この「絶対的な信頼性があいまいというリスク」が「ICO」全体を通しての問題点でもあります。

補足として、各「ICO」に出されているプロジェクトの情報を日本語で参照するには、目をつけたプロジェクトを「CryptoCurrencyMagazine」などの情報サイトでそのトークンを検索し、日本語で掲載された情報を探すところからはじまります。

ですが、

・IPOとは違い、タイミングさえ見逃さなければ「確実に安いうちに購入できる」

・相場チャートを見極めてひたすら待ち続ける投資よりも簡単で利益が出やすい

・個人間での送金取引となる為仲介業者を必要としない(低コスト)

などの利点が「ICO」の揺らがぬ魅力です。

ただ、現状ではまだこの「海外サイト」でのやりとりがベースであるという第一関門が「ICO」の日本での広がりにおける課題かもしれません。

とはいえ、この「ICO」で投資をしている日本人の方々もすでに数多くいらっしゃいます。

その為、徐々に解説サイトなども充実しておりますので、興味がわいた方は「ICO」での仮想通貨へも目を向けてみると良いかもしれません。

で、結局「ICO」は儲かるの?

さて、上記で利点や違いなどをご紹介致しましたが、「投資」という面でこちらの記事を読まれる方にとって一番気になるのはやはり「ICO」の「儲かりやすさ」かと思います。

儲かるのか?儲からないのか?

これは新しく始める投資のおいてはかなり重要な点ですよね。

こちらについては、「ICO」がこんなにも話題になっているのはなぜか?を考えてみるとご理解頂けるかと思います。

利益が出ている。儲かっている人がいるからこそ投資として話題になるのです。

ですが、投資というものに「必ず」は存在しません。

これは皆さまの中ではもう馴染みのある「ビットコイン」や「イーサリアム」などの仮想通貨でもお分かりいただけると思います。

「新しい次世代的な通貨」として登場した「ビットコイン」が投資の対象となった理由は「それで利益を出した人がいるから」です。

ですがそれで誰しもが億万長者になっているわけではありませんし、過去には損をしたという方々もいましたね。

その事からもわかるように、あくまでこちらは「未来に起こりうると考えられる可能性」に「賭けた」投資です。

よって、「必ず儲かるという保証はない」という事だけは念頭においてください。

こちらは株でも仮想通貨でも、投資をする際には重要な心構えです。

ちょっとした損どころか、破産に追い込まれたりなどしないよう、投資をする前には必ずしっかりと投資対象と投資活動における知識をつけましょう。

最後に

さて、今回は仮想通貨で行う「仮想通貨を活用した資金調達」にあたる「ICO」(クラウドセール)について簡単にご説明させて頂きましたがいかがでしたでしょうか?

こちらも仮想通貨の新しく誕生した資金調達の形ですが、実は、上記であげた「購入者側からの利点」のほかに「発行者側からの利点」もあるのです。

この最大の利点は、以前から資金調達として個人でも比較的手軽に可能となった「クラウドファンディング」よりも「低コスト」な資金調達を行うことが可能になったという点です。

実は「クラウドファンディング」は確かに資金調達面ではオンラインで可能である、手軽であるという点から大変重宝されていますが、

・クラウドファンディングサービスを提供してくれる第三者(運営者)が必要

・法定通貨を使用する為銀行が必要
 (ポイントなどで支払いが可能な場合もありますが、そのポイントサービスを導入する必要があります)

という点では、少なからずのコストはかかっているサービスなのです。

ですが「ICO」の場合は「仲介業者」が不要なので、取引条件に見合った仮想通貨さえ持っていればかなりの低コストで送金が可能となります。

こういった点でも、「寄付」や「資金調達」を行う際には個人でもより行いやすくなるのです。

どんなに善良的なアイディアで、どんなに人民の為になる様々なプロジェクトでも、個人の力ではどうにもなりません。何よりも最初に資金が必要になります。

その際に、「ICO」を利用する事で、投資または支援側にもうまくいけば利益の出る資金集めができるわけですね。

このように、新しい資金調達の形であり、新しい投資の形でもある「ICO」は今後海外を主流として、日本でも広まっていくのではないかと予想されます。

考え方ひとつで、「ICO」はそのあり方が変わります。

先述したように、大儲けしようと無謀な賭けをするのは賢い選択ではありません。

ですが、「ICO」による投資は悪ではなく、対象の未来に将来性を見出した時に行われる投資です。

ですので、利益を出すために投資として「ICO」を利用する際はしっかりと知識をつけ、詐欺や多額の資金で賭けにでるようなことはせず、しっかりと見極めをもって行う事をおすすめします。

最後に、「ICO」や投資における様々な情報サイトではお決まりの文句となっておりますが

※投資はすべて自己責任です。たとえ損をしても投資したものは戻ってきません。
「失って損をする額」は絶対に投資しないようにしましょう。

「必ず儲かる」「急がないと損しますよ」などという悪質な言葉には惑わされずに、ご自身の見極めと知識をもち、皆様も「ICO」で仮想通貨による投資やプロジェクト支援の形を体験されてみてください。

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】