【カンタン解説】仮想通貨とは?実はいろいろ種類がある?

仮想通貨とは?

仮想通貨(かそうつうか)とは、最近様々なメディアで取り上げられている「ビットコイン」などを含む「特定の国家による保証がなされていない、電子上にのみ存在する通貨のこと」です。

カンタンに言うと、「ネット上でだけやりとりができる、どの国の法律にもその価値が左右されないお金」ということです。

「国に価値が左右されない」とはどういうことかというと、日本で日本円の価値がなくなり、千円札がただの紙クズになってしまっても、ビットコインなどの仮想通貨の価値は国の経済状況に左右されないので、たとえ日本円が無価値になっても、日本でも海外でも何の問題もなくそのままお金として機能する。というような感じです。

ただし、国に価値が左右されないメリットの代償として、誰もこの通貨の価値を保証してくれないので、逆に国の状況に関係なく突然その通貨の価値が0円になる事もある、というデメリットがあります。

だからこそそれぞれの仮想通貨では利用価値を持たせる為に、その仮想通貨の作成者たちが日々試行錯誤をしているわけですね。

こういった点から「株」に見立てて取引が行われている場合もあります。

会社の株のように、価値あるものにはそれ相応の値段が付きます。
その為、その仮想通貨に価値が出れば出るほど、その通貨は高価となり、無制限に生成されない為、希少価値が付属します。

ですので、以前ビットコインを何気なく買ってみたら数年後1円の価値もなかったビットコインが1BTCあたり数十万円で売れるものになっていた、という現象が起きたのです。
(※上記の数値は具体例であり、実際の出来事とは関係ありません)

実際の数値で見てみれば、2018年3月末時点では1BTC=82万5,164円です。

つまり、仮想通貨として誕生した当初から現在までに約80倍の価値になったわけです。

このように、その通貨の価値の振れ幅が大きいという点や、価値の出方次第ではどれほどまでも値上がりしていくというのが仮想通貨の魅力であり特徴です。

またもう一つの特徴としては、実際に手に取れるお金である法定通貨(円やドルなど)と違い、物質として手に取れない通貨という事があげられます。

というのも、仮想通貨のやりとりは主にインターネットを経由したデータ通信によってのみ売買・取引が行われるものである為、硬貨や紙幣として手に取れる通貨ではないのです。

そんな仮想通貨ですが、まず仮想通貨といって思い浮かべるのが「ビットコイン」だと思います。

ですが、実は仮想通貨はビットコインだけではなく、現在は1500種類以上の仮想通貨が存在します。

これらすべてが円やドルなどと同じ「通貨(=お金)」です。

ではそんな仮想通貨とは一体どんなものなのか。
以下で具体例をあげつつご説明していきたいと思います。

 

仮想通貨の種類

ここでは大きく2種類にわけて「仮想通貨」と言われているものをみていきます。

 

●特定の範囲でのみ使用できる限定的な仮想通貨

まず一つ目は、特定のサイトや企業、あるいはゲームやアプリ内でのみ使用できる仮想通貨を、日本円などの法定通貨で購入するという形式で入手する仮想通貨。

こちらがもともと「仮想通貨」としては歴史が古いのではないでしょうか。

こちらは日常生活で使用できる法定通貨(円やドル)と違って、かなり狭くオンライン上でも限定的な範囲でしか使用できないものです。

いわばゲームセンターで両替を行ったコインの仮想(電子)版といったようなものですね。

具体例としては、Lineのコイン、アプリゲームのダイヤや●●石な●●玉などがあげられます。

 

●暗号通貨(ビットコイン、イーサリアム、リップル など)

次に、最近話題沸騰中の「暗号通貨」と言われる仮想通貨。

最近最も話題となっているビットコインなどの仮想通貨は主にこの「暗号通貨」に分類される仮想通貨です。

ただ、各メディアでもこの暗号通貨という名称はほとんど使われず、この暗号通貨そのものを「仮想通貨」とまとめて呼称している例が多く見受けられます。

この暗号通貨の具体的なものが

「ビットコイン、イーサリアム、モネロ、ライトコイン、リップル…」

などです。

そして、このビットコインの解説をする際には必ず「仮想通貨」という呼称が使われている為、当サイトでも基本的には各暗号通貨の解説でも「仮想通貨」として説明をしています。

ただ厳密にいえば「仮想通貨」は大きな枠組みであり、企業限定またはアプリ・ゲーム内・とあるコミュニティ内限定で使用できるコインなども仮想通貨ですので、「暗号通貨」と「仮想通貨」という単語で迷ってしまった際にはコチラでのご説明を思い出してみてください。

 

最後に、仮想通貨の解説などで「電子マネー」がセットで登場する事が多々ありますが、当記事でもこの「仮想通貨と電子マネー」についてをご説明しておきます。

 

●仮想通貨と電子マネー(Suica、PASMO、nanaco、楽天Edy、Tマネー など)

まず、一番最初に念頭において頂きたいのは「電子マネー」と「仮想通貨」は別物である、という事です。

実はこのふたつは「電子上に存在してお金として使える」という点が一緒なので混同してしまいがちなのですが、厳密には電子マネーはあくまで決済方法であってお金そのものではないのです。

コチラをセブンイレブンで利用可能なnanacoを例にして説明してみましょう。


まず、商品を購入してセブンイレブンのnanacoポイントをためるには、「nanacoで支払いをする」必要があります。

ですのでnanaco支払いをしてnanacoポイントをためる為に日本円1000円を電子マネーnanacoにチャージ(変換)したとします。

するとnanacoで1000円分の買い物が出来るようになります。

これはnanacoを1000円分購入したのではなく、日本円1000円をnanaco1000円分に変換したということであって、この時点では何も購入はしていません。

つまり、こちらの結果としては「日本円を電子マネーに変換して電子マネーでの決済ができるようになった」ということになります。


次に、日本円1000円を使ってセブンイレブンで1000円分の商品を購入したとします。

これが「日本円1000円で1000円分の仮想通貨を入手した」と同じ行為となります。

こちらの結果としては「日本円を支払って仮想通貨を入手(購入)した」という事になります。


上記の2例を比べて頂くとわかるとおり「電子マネーはクレジットカードと同じような決済手段である」、そして「仮想通貨は日本円などで支払いをして購入する品物である」と言う事で、「電子マネー」と「仮想通貨」はこのように根本的にまったく別の物なのです。

 

更に言ってしまえば仮想通貨は日本円と同じ「通貨のなかま」ですから、仮想通貨をチャージして電子マネー決済をするというような事も可能と言う事です。

 

つまり、「日本円」「仮想通貨」「電子マネー」「クレジットカード」の4つを組分けするなら

「お金」=「日本円」「仮想通貨」

「決済方法」=「電子マネー」「クレジットカード」

という感じです。

このようにみてみると「仮想通貨」と「電子マネー」の違いはお分かりいただけたでしょうか。

これらを混同していると今後も情報が理解しにくくなってしまいますので、この点の区別をしっかりつけておくとよいでしょう。

現在はまだ実現されていませんが、今後「ビットコインをnanacoにチャージする」という事も出来るようになるかもしれません。

その時にも、上記の区別をしていないと意味を理解しきれずお得なサービスを見逃してしまう事になりますので、こちらの区別をつけておくことをおすすめします。

 

仮想通貨が買える取引所一覧

実際に仮想通貨を購入できる取引所では主にこのような取引所があります。

運営元取引所名
日本ビットフライヤー/bitFlyer
日本ザイフ/Zaif
日本ビットバンク/bitbank
日本GMO-Z.comコイン
日本SBIバーチャル・カレンシーズ
海外ポロニエックス/Poloniex
海外ビットレックス/Bittrex
海外リクイ/Liqui

 

最後に

急ぎ足での解説でしたが、今回は仮想通貨についてをざっくりとご説明いたしました。

仮想通貨というものについてなんとなくでもご理解いただけましたでしょうか。

仮想通貨という名称・概念自体は2009年ごろから登場し、「ビットコイン、イーサリアム」などの暗号通貨の意味合いを前提とした仮想通貨という存在が、主に日本で話題にされ始めたのは2014年の「マウントゴックスの破綻」もきっかけの一つでしょう。

ただ、仮想通貨の概念については1995年ごろからアメリカで話題にされており、1999年にはすでに仮想通貨が出始めていたそうです。

ですので仮想通貨の存在は意外と新しいものではないのです。

ただし、仮想通貨が「法定通貨(円やドル)」と肩を並べて人々に使用され始めている、という事が今回の何よりもの新しい進展であり、仮想通貨が次世代的な通貨としての可能性をもっているという点につながるわけです。

ゆえに「仮想通貨」が今話題となっています。

今回の記事ではそんな「仮想通貨とはどのようなものなのか?」についてをご説明させて頂きましたが、仮想通貨の可能性は無限に広がっています。

様々取り扱いに注意しなくてはならない点も多くありますが、管理人としては知って損のないものだと感じています。

ですので今後も仮想通貨についてを分かりやすくご紹介していきたいと思いますので、当サイトの情報をたっぷりご活用頂けましたら幸いです。

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】