【仮想通貨】「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」の価値は?チャートでみる将来性

「ビットコイン(Bitcoin)」から分裂した仮想通貨「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」とは?

以前より大きく話題に上がり続け、国内取引所でも一時的にサービスが停止されるまでに至った「ビットコインの分裂」。

こちらは様々な場所から情報が出ており、8月1日に分裂の時が来ると言われ、その動向には多くの仮想通貨ユーザーが注目していました。

そして2017年8月1日にとうとう「ビットコイン」は分裂し、以前より流通していた「ビットコイン(Bitcoin/BTC)」と「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH・BCC)」に分かれることとなりました。

今回はそんな「ビットコインキャッシュ」についてをご紹介させて頂きますが、まず一番最初に皆様に踏まえて頂きたいのは

「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」は連動しているわけではなく、それぞれひとつひとつ別々の仮想通貨である。

という点です。

詳細については以下でご説明させて頂きますが、まずはこちらのポイントを押さえた上で当記事をご覧下さい。

それでは「ビットコインキャッシュ」とはどんなものなのか、実際にみていきましょう。

「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」の特徴

 
通貨名称ビットコインキャッシュ
(Bitcoin Cash)
通貨単位BCH / BCC(※)
開発者Yang Haipo(ヤン ハイポ)
発行上限2,100万BCH
管理システムPoW(Proof of Work)
取引所要時間約1~2分
運営元viaBTC
運用開始日2017年8月1日から
公式サイトhttps://www.bitcoincash.org/
公式Twtitter-(公式からの接続なし)
供給量1,653万2,663BCH(2017年8月25日調べ)

取引所:bitFlyercoincheckZaif

※「ビットコインキャッシュ」の通貨単位は「BCH」のほかに「BCC」も用いられることがありますがどちらも公式のものです。
 比較的「BCH」が多いようにみられますが、どちらを正式の表記とするかはまだ揺れがあるようです。

現在、「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」を取引できる国内取引所は上記の大手3社すべてで取引可能となっています。

それぞれの取引所は、ビットコインの取り扱いも復活していますので、これから新規登録をしてみたいという方は、当サイトに各取引所の詳しい情報を掲載していますので、お役立てください。


<国内大手取引所:紹介&口コミ記事>

bitFlyer(ビットフライヤー)

Coincheck(コインチェック)

Zaif(ザイフ)

取引所での仮想通貨の買い方・売り方まとめ


仮想通貨「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」の相場(価格)リアルタイムチャート

仮想通貨「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」の基本情報

「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」は、冒頭でもご紹介した通り、「ビットコイン」から分裂して誕生した新しい仮想通貨です。

こちらは、管理システムや基本的な機能は「ビットコイン」と同じなのですが、運営元や開発に関わっているメンバーは現在まで流通している「ビットコイン」の開発メンバーとは別です。

「ビットコインキャッシュ」を開発運営しているのは、元々「ビットコイン」のマイニング(採掘)を行っていた中国のマイニンググループ「viaBTC」という団体です。

開発者となっているのはYang Haipo(ヤン・ハイポ)氏。

管理システムとしてPoW(Proof of Work)を採用している点は「ビットコイン」と同じですが、開発メンバーが違う事や、「ビットコイン」の開発メンバーとは意見が違う為、協力関係にあるわけではないようです。

実際に、「ビットコイン」はスケーラビリティ(ブロックチェーンに取引情報を保存するために保存可能容量に不足が出てきてしまった為、容量の確保をしなければならない)問題がありました。

そこで考えられ始めたのが、今回8月1日に起こった「ビットコインの分裂」なのですが、結果として「ビットコイン」はハードフォーク(それまでのビットコインの価値を無にするアップデート)は行わず、「保存する情報の容量を圧縮して、これまでの保存容量の中でも、より多くのデータを収納できるようにする」というセグウィット(Segwit)という方式を導入する方向性に進むことが決定されました。

その為、「今後も「ビットコイン」はそのまま使うことが出来る」という結果に至ったのですが、こちらに賛成する事ができなかったマイナー(採掘者)グループが「ビットコインキャッシュ」を開発し、「分裂」に至ったというわけです。

ゆえに、この2つの仮想通貨は連携や、協力関係にあるわけではなく、母体となる運営元も違う「別々の仮想通貨である」という事になるのです。

ただし、「ビットコイン」ユーザーに対してマイナスがあるわけではなく、分裂後は「ビットコイン」ユーザーが所持している分と同数の「ビットコインキャッシュ」がそれぞれに付与されるという事になりましたので、実質的にユーザーにマイナスは発生していません。

余談として、2017年8月下旬に「ビットコイン」にセグウィットが導入されることになっていましたが、8月24日にセグウィットの導入が行われたようです。

「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」の違いとメリット

機能的・管理システム的に同じような性質をもつ「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」ですが、これらには運営元以外に違う点があります。

それが「処理容量の上限値」「処理速度」です。

ビットコインビットコインキャッシュ
処理容量
の上限値
1MB8MB
処理速度約10分約1~2分

そして更に、「取引手数料」についても「ビットコインキャッシュ」の方が安いという点があり、ユーザーにとってのメリットはばっちりといったところです。

ただし、不安要素としては「マイナー数」と「安定性」があげられています。

「マイナー数」というのは、ブロックチェーンに取引情報を登録する為の承認作業(=マイニング)を行う人数の事で、「ビットコイン」にはこれまで通り多数のマイナー(採掘者)たちがマイニングに参加してます。

ですが、「ビットコインキャッシュ」の場合、このマイニングを行っているのが運営元である「viaBTC」一社のみで、この状態から「ネットワークの不安定さ」が出てくるのではないかという不安の声があるようです。

こちらは8月9日時点での調査状況からの情報ですが、今後この不安点を解消していくのが「ビットコインキャッシュ」の一つの課題ともなると考えられます。

「ビットコインキャッシュ」の価格変動(チャート)からみる将来性

先ほどはリアルタイムチャートを掲載しましたが、こちらではこれまでのチャートをみてみます。

 

コチラが2017年8月25日現在に至るまでの「ビットコインキャッシュ」の価格変動を示したチャートです。


これまでの、運用開始後となる2017年8月1日以降からの流れとしては、

「ビットコインキャッシュ」運用開始当初は好調な滑り出しといったところで、2017年8月2日の相場は約85,000円という価格がついていました。

ですがその後に急落となり、8月6日には最低価格、約22,756円にまで価格を落としました。
その後やや上がっていき、3万円台をキープして数日が経過。

そして2017年8月17日に急騰を起こし、2017年8月19日には最大約77,302円にまで上昇をみせました。

惜しくも運用開始当初の8万円台には至りませんでしたが、しっかり価格の底上げとなりました。

その後は一度8月21日当たりに落ち込みを見せますが、22日にはすぐに復帰し、現在までには大体7万円台で上下している状態です。


現時点で発行から1カ月もたっていませんので、「ビットコインキャッシュ」は今後も様々な変動が起きるのではないかと予想されますので、その動向は要チェックです。

「ビットコインキャッシュ」チャート-2017年8月17日の価格高騰

今回は上記のチャートから、最も大きく高騰をみせた8月17日の「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」の価格高騰についてをみてみます。

今回高騰した日についてですが、実はこの2017年8月17日に「ビットコイン」「ビットコインキャッシュ」とはまた違う場所で仮想通貨関連のニュースがありました。

それが、「DMarket」のリリースです。

こちらの「DMarket」というのは、様々なゲームを通じてゲームコンテンツを取引する分散型市場したマーケットです。

こちらのリリースが8月17日にあったのですが、このマーケットリリースと同時にあったのが「DMarket」のトークン発行です。

ICO(トークンセール)ではないのですが、この「DMarket」のトークン発行に際し、8月17日のトークン購入者へ「10%ボーナスセール」を行ったのです。

そして、このトークンを購入できる通貨が「ビットコイン」と「イーサリアム」でした。

その為か、この日には「ビットコイン」も価格の上昇をみせていました。

この事から、「DMarket」のトークンをこの日に購入する為に「ビットコイン」の需要が上がり、価格が高騰したと考えています。

ここから更に考察を展開させ、たとえ協力関係になくても、「関連性があれば比例して高騰する」傾向にあるのが仮想通貨ですので、「イーサリアム」と「イーサリアムクラシック」の比例高騰と同様に、「ビットコイン」につられて「ビットコインキャッシュ」も高騰を見せたのではないかと管理人は考えています。

実際のところはどうか不明瞭ではありますが、いずれにせよ「ビットコイン」の価格変動につられる事は今後もあると思いますので、「ビットコイン」のチャートをみつつ「ビットコインキャッシュ」の動向も見守っていきたいところです。

 

「ビットコインキャッシュ(BTH/BCC)」が買える取引所

運営元取引所名
日本コインチェック/Coincheck
日本ビットフライヤー/bitFlyer
日本ザイフ/Zaif
日本ビットバンク/bitbank
日本GMO-Z.comコイン
海外ポロニエックス/Poloniex
海外リクイ/Liqui

 

仮想通貨「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」の今後

今回は、「ビットコイン」から分裂・派生として誕生した新しい仮想通貨「ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)」についてを簡単にご紹介してみましたがいかがでしたでしょうか?

現段階では、「ビットコインキャッシュ」専用のウォレットも必要なく、「ビットコイン」ウォレットに紐づけられるという点もあり、大きなデメリットという点は見受けられません。

ただ、それに対して圧倒的メリットという点が見られるわけではないので、ユーザーの中では「必要性やあることに意味があるのか?」「投資するにはまだ早いのでは」といった声がみられました。

つまり「機能性は同じ」でスケーラビリティ問題を解決してしまえば、「ビットコイン」で危惧されていた問題点は解消されます。

その為、「だったらビットコインでいいのではないか」という考えにも至るのですが、管理人としては手放してしまうのはもったいないと感じます。

投資して絶対得する!というわけではなく、価格変動は連鎖する可能性があるからです。


例えば、今後「「ビットコインキャッシュ」をもっと価値あるものにしよう」というプロジェクトが誕生すれば、「ビットコイン」ではなく「ビットコインキャッシュ」でしか購入または利用できないコンテンツが登場するかもしれません。

そうなれば、「ビットコインキャッシュ」の需要は上がります。

そして、ここでやってくるのが「ビットコインキャッシュ」の価格上昇に引き上げられる「ビットコイン」の高騰チャンスです。

これはまた逆も然りで「ビットコイン」が上がれば「ビットコインキャッシュ」も上がる可能性があります。


という事で、今まで1本だった高騰の可能性ラインが、2本になったという事です。

勿論片方が上がれば必ずもう片方も上がるのかと言えば、それは100%ではありません。

ですが、傾向としてそういった「可能性」が生まれているのは確かですので、どちらの仮想通貨も無価値にはならないと考えます。

また、現段階で時価総額3位を獲得していますので、むやみに莫大な資産を投資するのは危険と思いますが、せっかく「ビットコイン」と同数の「ビットコインキャッシュ」をタダで獲得したのですから、必要性がなければウォレットで温めておいてもよさそうです。

何事にも100%はお示しできませんが、「ビットコインキャッシュ」をお持ちである、または興味がおありの方は、今後の「ビットコインキャッシュ」の動向、そして「ビットコイン」さらには仮想通貨界隈でのニュースをチェックしてみてはいかがでしょうか。

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】