【やさしい解説!】「ブロックチェーン」とは?わかりやすく簡単に!

「ブロックチェーン」とは?わかりやすく簡単に!

仮想通貨(暗号通貨)であるビットコインに関連して、様々な場所で目にするようになった「ブロックチェーン」という名称。

この「ブロックチェーン」とはなんなのかについて、今回はなるべく専門的な解説は省き、とにかくわかりやすく簡単に説明したいと思います。

ですので、こちらの記事は「ブロックチェーン」がどのようなものか、「ざっくりとしたイメージをつかみたい方向け」です。

もし、当記事をご覧頂きもっと詳しく知りたい!という方は、後日更新予定の詳細解説版をお待ちください!

では説明に入っていく前に、まずは

「ブロックチェーン」とは「様々なデータを管理するための管理システムの名前」である

というイメージを最初にお持ち頂き、次の項目へお進み下さい。

 

※冒頭補足として、「BLOCKCHAIN」というサイトが存在しますが、こちらは「ウェブウォレット(仮想通貨を保管するwebサービス)」です。
これと管理システムである「ブロックチェーン」は別物です、ご注意下さい。
更に「blockchain」で検索した場合、「 https://blockchian.info 」というアドレスのフィッシング詐欺サイトが検索結果に表示される場合もあるそうです。
こちらも十分にご注意下さい。

「ブロックチェーン」と「ビットコイン」の関係

この「ブロックチェーン」の意味について、恐らく最も多く目にするのは

「ビットコインの管理システム」

「ビットコインの取引台帳(履歴)」

としてのブロックチェーンだと思います。

恐らく皆様も「ビットコイン」を調べていく中で「ブロックチェーン」の存在を知ったのではないでしょうか。

もちろん、「ブロックチェーン」の意味合いとして、先にあげた2つでも意味は合っています。

ですが、まず「ブロックチェーン」そのものを知る上で一番最初に知って頂きたいのは

「ビットコイン」=「ブロックチェーン」ではない

そして

「ビットコイン」ありきの「ブロックチェーン」ではない

という点です。

この点について言い換えるなら

「ブロックチェーン」あっての「ビットコイン」である

という事なのです。

これがどういう意味かというと「ブロックチェーン」とは、オンライン上にあるいくつかのデータを収納したブロック(箱)をチェーン(鎖)でつなげ、1本の長いデータバンクを作っていく形式の「管理システム」そのものの事を指します。

つまり、その「管理システム」の構造を利用して取引情報の管理を行っているのが「ビットコイン」という事ですね。

ですので、「ブロックチェーン」は「ビットコイン専用のものではない」のです。

まずはこの点をご理解頂いた上で、次に「ブロックチェーンの仕組み」をみていきましょう。

「ブロックチェーン」の仕組み

今回は、わかりやすいように「ビットコイン」の取引情報を管理している場合の「ブロックチェーン」を例として、その仕組みをご紹介していきます。

まず、「ブロックチェーン」という管理システムでは、過去に行われたビットコインの取引情報を収納した箱(ブロック)を鎖(チェーン)で繋ぎ合わせ、新しい取引情報をデータバンクに追加していくという方式で、過去から現在にいたるまでの取引情報が追加保存されていきます。

イメージとしては、繋ぐのとは少し違いますが、一本の長い串にダンゴを刺していくような感じです。

そしてその中で、形の良いダンゴは串に刺されますが、形の悪いダンゴは売り物にならないので串には刺せません。

この例での「形の良いダンゴ」とは「正しいと判断された良い取引情報」で、「形の悪いダンゴ」とは「不正されたり改ざんされている悪い取引情報」です。

つまり、「不正されていると判断された取引情報」はこのブロックチェーンには繋げられずに破棄され、保存されないようになっています。

このように「正しいと判断された情報のみ」が連なって保存されていくという形式で成り立っているのがブロックチェーンです。

そして、この「ブロックチェーン」に保存された取引情報の閲覧と、これから追加する取引情報の精査(不正がないかの検証)には「誰でも参加(協力)できる」ようになっています。

これがブロックチェーン最大の特徴で、だれか、またはどこかの企業が取引情報を管理しているのではなく、自発的に管理に関わっている不特定多数の参加者(協力者)がみんなで管理するのがブロックチェーンのあり方なのです。

このように、「中心となって情報管理をする企業(または人物)がいない管理システム」の事を「非中央管理型」システムといいます。

ここで注意なのは「非中央管理型」というのは様々な管理方法における大きな分類(カテゴリー)の名称です。

よって、「ブロックチェーン」以外にも、このような「非中央管理型」に分類されるシステムはありますので、この点だけ勘違いのないようご注意ください。

「非中央管理型」と「中央管理型」の違い

では、ここでは一度、具体的な例を挙げ、この2つの管理システムの性質を比較してみます。

「非中央管理型」の管理システム

まず、「非中央管理型」とは「情報を管理する上で中心となる企業(または人物)が存在しない管理システム」です。

具体的には「ビットコイン」がそうなのですが、その管理の仕方を仮想通貨以外で例えてみると「学校の飼育係」のようなものです。

学校では、飼育係に立候補した生徒が、動物の世話を順番でしていきますが、その様子は校内の全員が見ることができ、また管理している動物の様子や成長などは学校に入れれば誰でも見ることができますね。

この文章において、

・学校=ブロックチェーン(システム)

・飼育係=管理の協力者

・飼育動物=取引情報

・動物の世話=取引情報の精査と追加

・飼育されている動物の成長=保存されている取引情報の増加

といったように置き換えて見てみてください。

これが、「公開(共有)されている取引情報を不特定多数の協力者が管理(精査・追加)していく様子」のイメージですが、なんとなくそれっぽいイメージはつかめましたでしょうか。

また、今回の例の場合「中央機関」として教師がいるのではという点がありますが、この点では中央ではなく「ブロックチェーン」システムを開発し、「どのように管理するかの方針を示した開発者」が教師であるとイメージして頂ければと思います。

因みに、「ブロックチェーン」での専門用語としては、取引情報を精査する行為を「マイニング(採掘)」といい、その協力者を「マイナー(採掘者)」と言います。

今回はこれらの専門用語を使わずにご紹介いたしましたが、このマイニング(採掘)を行う事で、報酬としてビットコインを得ることができるようなシステムになっています。

「中央管理型」の管理システム

次に、「中央管理型」というのは「情報を管理する上で絶対的に中心となる企業(または人物)が存在する管理システム」の事です。

こちらの具体的な例としては「銀行」がその一例です。

例えば皆様が離れた場所に住む相手にお金を送金する場合の多くは「銀行」を利用し、送金を行うと思います。

この場合、「送金情報」「預金情報」そして「口座情報に紐づいた個人情報」はすべて口座を作った先の銀行が保存・管理しています。

この情報を知り得ているのは、「送金した人」「送金を受けた人」、そして「銀行」の3者です。

金銭取引の間には銀行が存在し、どのような取引を行ったかは当事者たち以外では銀行のみが知っています。

この取引情報は銀行側のデータバンクに保存されていますので、一般人や不特定多数の人々には共有されなければ公開もされません。

このような中心となる特定された企業(または人物)のみが閉鎖的に情報管理を行うのが「中央管理型」の管理システムの特徴です。

つまり

不特定多数の協力者公開的に情報管理しているのか(非中央管理型)」

特定の企業・人物閉鎖的に情報管理しているのか(中央管理型)」

が、まずこれら2つの管理システムの大きな違いです。

なぜ「非中央管理型」の「ブロックチェーン」が話題となったのか?

では、今まで主流かつ信頼感のある「中央管理型」があるのに、なぜ今になって「非中央管理型」の管理システムが話題となっているのかというと、「非中央管理型」の管理システムでは、

「大幅なコスト削減が実現できる」

「セキュリティ面の安全性がより高められる」

という2つの大きな利点があるからなのです。

「コスト削減」において具体的な数値をみてみると、「安全性の高いセキュリティを実現し維持する為のコスト(セキュリティコスト)」という点において「非中央管理型であるブロックチェーン」システムを採用すると年間約190兆円の削減ができると言われているそうです。

そしてそこにはさらに「セキュリティの維持」に関わる人・物・場所が必要となり、これらのコストも当然かかってくるのですが、これらにおいてのコストも削減できるようになります。

ですがそんなコストをかけているセキュリティがあるならそちらの方が安全なのではないかと考えられますよね。

ですが、システムの脆弱性を100%なくす事は無理だと言われているように、100%ハッキング(クラッキング)を防ぐのは難しいのです。

よって「たったひとつのサーバーですべての情報を管理している中央管理型」はもしハッキングやサーバーダウンがあった場合すべてのデータが流出あるいは消失する可能性がありますので、その分「リスクが大きい」のです。

だからこそ年間莫大なコストをかけて強力なセキュリティを設けているのですが、その強度も100%ではないのです。

その点、「非中央管理型」である「ブロックチェーン」では、そのシステムの性質上、保存情報の量が増えれば増えるほど改ざん可能となる確率は下がり、かつ、この「ブロックチェーン」に保存されているユーザー情報は特殊な暗号コードによって表記されているだけなので個人情報は割り出せず、取引情報も「誰が、いつ、誰に、いくらBTCを送った」のみが記録されているだけなのです。

(※実際にブロックチェーンにより公開されている取引情報がどのように見えるか、ユーザー情報はどのように表示されるかについて、当記事の最下部におまけとしてお示ししておりますので、興味がある方は最下部をどうぞ。)

そういった点から、これまで主流であった「中央管理型」システムと比べ、セキュリティ面の強化がなされた「非中央管理型」の「ブロックチェーン」はより安全性も高いというわけなのです。

また、2009年に登場したこの「ブロックチェーン」ですが、現在に至るまでの約10年間で常に強化開発が行われてきていますので、当時よりもより強固な管理システムへと進化をしています。

そういったメリットや現状を受け、現在でも金融会社や様々な企業がこの「ブロックチェーン」システムの導入へと方針を向けているという事実もあります。

最後に

以上のように、「ブロックチェーン」という管理システムは従来の管理システムと比較しても多くのメリットを含んだ「非中央型管理型」システムとして大変優秀な存在なのです。

今回、その細かな解説においては省いてざっくりとしたイメージ、そしてなぜ話題となるほどのシステムであるのか、についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?

まとめとして、「ビットコイン」を例にとった「ブロックチェーン」のメリットを並べてみると

・取引情報を管理するシステムとして、より安全性が高い
(セキュリティ面がより強固=情報の改ざん可能確率は非常に低い)

・送金速度が銀行などを仲介するより速く安く済む

・取引情報の精査がより正確さをもっている
(保存されている取引情報の信頼性が高い)

・通貨維持費の削減が可能

・サーバーダウンなどによるリスクの抑制

などといったものがあげられます。

「ブロックチェーン」のもう一つの特徴。

それは応用力・汎用性の高さです。

また先述したように、この「ブロックチェーン」システムは通貨や金銭取引に限らず、そのほか様々な情報の管理に活用できるのです。

「ブロックチェーン」のもう一つの特徴。

それは応用力・汎用性の高さです。

今回は「取引情報」のみを保存する「ビットコイン」を例にとりましたが、「イーサリアム」ではこの取引情報に加え「契約情報」も保存できるようにし、より汎用性の高い管理システムとしての「ブロックチェーン」を導入しています。

それゆえに「イーサリアム」はビットコインの次世代とも言われています。

更に、金融以外の各業界(教育、音楽、流通、政治、農水産、医療、保険、製造業など)でもこの「ブロックチェーン」システムを採用し、様々な情報を管理することで、信頼性のある高セキュリティ低コストな管理体制を作ろうという動きもみられています。

そんなブロックチェーンのもつ将来性とそれぞれの利点から、「ブロックチェーン」の誕生はインターネット以来の革命だともいわれています。

ずいぶんと大げさな言い方に見えるかもしれませんが、その評価に値するほどの発明であったのは確かなのです。

よって、今後仮想通貨の広がりに伴い、特に企業側ではこの管理システム「ブロックチェーン」が大きく注目され、技術者たちによってさらなる発展を遂げていくと考えられます。

その証拠が、企業が展開している「ブロックチェーン大学校」です。

実は現在、新しいシステムという事でブロックチェーンを開発できる技術者が日本ではまだ少なく100人に満たないと言われています。

それゆえに、今後の未来を見据え、このブロックチェーン技術に特化した技術者を育成していこうという動きが出ています。

そこから誕生したのがこの「ブロックチェーン大学校」なのです。

補足ですが、人数が少ないという事からその報酬は高額で、平均年収2340万円ほどともいわれているそうです。

そんな、仮想通貨の根幹を支えているといっても過言ではない「ブロックチェーン」ですが、このように、その将来性を証明するように世界も動きを見せています。

そういった点からも、同じく将来性を見出されている仮想通貨を取り扱っていかれる皆さまは、是非この「ブロックチェーン」についても注目してみると、より深い楽しみ方ができるかもしれません。

「ブロックチェーン」のおまけ

今回、ブロックチェーンについてざっくりとご紹介いたしましたが、実際にブロックチェーンの安全性を視覚的にもとらえて頂けるように少しだけおまけのご紹介をさせて頂きます。

ここからは豆知識のようなものですので、「ブロックチェーン」により興味がわいた方だけご参照頂けましたらと思います。

「ブロックチェーン」に保存されている取引情報を実際に見てみよう

まず1点目に、「ブロックチェーン」では実際どのような形式で保存された取引情報が保存されているのかという点について。

公開されている取引情報はどなたでもアクセスすることができる、以下の2つのサイトでご覧いただくことができます。

「Blockchain.info」https://blockchain.info/

「ChainFlyer」https://chainflyer.bitflyer.jp/

今回は管理人的にお示ししやすい、「Blockchain.info」で取引情報をみてみます。

こちらが記事を執筆している2017年6月20日に保存されている各ブロックの一覧の一部です。

(※念のために一部にぼかし加工を施しています)

「ハッシュ」というのがそのブロックと次のブロックをつなぐための暗号コードです。

そして「ブロック高」というのは何個目のブロックであるかのナンバリングです。

「の中継によって」の列は当記事で紹介した「情報の精査を行う協力者」たちがグループを作ってより効率よく情報の精査を行うためのサービス「マイニングプール」における各マイニングプールの固有名です。

試しに一つのブロックの中身を開いてみます。

するとこのような画面にとびます。

こちらがブロック内に保存された取引情報やその他、ブロック内の情報の関連項目です。

そしてその下にいくとこのような取引履歴が表示されます。

大体これを見てわかるかもしれませんが、この長い英数字の文字列がユーザーを示しています。

緑色の矢印の左はビットコインを送った人右は受け取った人です。

正しくは「送信用ビットコインアドレス」「受信用ビットコインアドレス」というのですが、仮想通貨ではEメールのようにアドレスを指定して送受信を行いますので、個人名などは公開されず、またこのアドレスは暗号化されて生成されたものであり、個人情報に紐づくものでもありません。

そういった事から、取引情報は公開されていても、それが直接個人情報の漏えいには繋がることはないのです。

「ブロックチェーン」の取引情報改ざん(書き換え)の可能性

次に、2点目として「ブロックチェーン」の取引情報はどうして改ざんされる可能性が低いのか、についてもご紹介します。

まず、ブロックチェーンに保存されている取引情報を改ざんする為には、ブロックチェーンにハッキングをかけなければなりません。

ですので、まずは改ざんできる「かもしれない」という可能性にたどり着かなくてはならないのですが、その改ざんできるかもしれない値に達するには「全世界のパソコンの50%」を「同時に」ハッキングする必要があるそうです。

そこで、ブロックチェーンにハッキングする為に必要な労力を具体的に表してみましょう。

はじめに、全世界での2017年3月末のインターネット使用率は37億3969名8500人となっています。
(「Internet World Stats」http://www.internetworldstats.com/stats.htmより)

これをそのままパソコンの台数として置き換えてみた場合、2017年3月末の時点ですでに18億6984万9250台のパソコンを同時にハッキングしなければならないわけですね。

こちらは本当に極端な例ですが、イメージとしてはそれほどの事をしなければ可能性はみえてこないほどのシステムなのです。

また、この規模のハッキングを行い、改ざんを成功させる為には10分の壁を超える必要があります。

この「10分」とはブロックチェーンにおける1つの「情報の精査」(正確には専用のコンピューターを使用し数学的な計算によって行われる検証)にかかる時間です。
(本文でもお示ししましたが、専門用語としてはこの精査を「マイニング(採掘)」といい、協力者を「マイナー(採掘者)」と言います。)

具体的な精査の内容についての説明は省きますが、ブロックチェーンでは、この「10分」に1ブロックずつの精査が完了する仕組みになっています。

この精査の「10分」ごとにどんどんとブロックが構築され、またブロックのすべてはその手前のブロックで出された「ハッシュ」というものに依存して成り立っていますので、

[A] – [B] – [C] – [D] – [E] – ・・・

と並んでいるブロックの「C」を改ざんするとなると、C以降のすべての情報を書き換えなければなりません。

ブロック1つの処理に10分かかるものを複数回かつ、新しく10分ごとに追加されていく取引情報もすべて改ざんしなければなりません。

そしてそのブロックの総数は、先ほどの画像からわかるように「約47万2000ブロック」です。

更にブロックチェーンは最も長いブロックの繋がりが示した情報を正しいと認識する構造にもなっているので、たとえ最新の47万2084件目を書き換えたとしてもその手前までと次に追加される「正しい情報ブロック」と整合性がとれなければその書き換えた方のブロックは不正となり、正しい値の方がチェーンに組み込まれるようになります。

以上の事も踏まえ、「ブロックチェーンの改ざんは「事実上」不可能」とされているのです。

さて、以上が本文に補足としてお示しさせて頂いたブロックチェーン情報でしたが、今回はおまけとしてお示ししただけですのでざっくりでした。

ですが、ブロックチェーンについてはまだまだご紹介できるものがたくさんあります。

「ブロックチェーン」は大変奥深いシステムで、日々進化している事からもまだまだ目の離せないシステムとなっていますので、今後、またそういった更に深いブロックチェーン情報もお届けしていければと思います。

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】