【簡単やさしい!】イーサリアムの買い方・売り方まとめ【bitFlyer・Coincheck】

イーサリアムの買い方・売り方

今回は、イーサリアムが気になっているけれど、イーサリアムを買ったり売ったりするにはどうしたらいいのかわからない。

という方へ、イーサリアムの購入方法や、実際にどのような操作をして売買するのかといった、「イーサリアムの買い方・売り方」についてをやさしく簡単に1からご紹介します。

手順に従って操作すれば良いだけの説明書だと思って当記事をお供に操作してみて下さい。

基礎知識編・イーサリアム(Ethereum/ETH)を入手するには?

まず、こちらではイーサリアムの入手う方法について簡単にご案内します。

「その前に、イーサリアムって何?」という方は当サイトの「【流し読みでOK!簡単解説】イーサリアムとは?わかりやすくご紹介!」の記事をご参照下さい!

また、「基礎知識はいらないから早く手順を教えて!」という方は、当記事の次の項目「実践編・取引所でのイーサリアムの買い方・売り方」に移動して頂いてかまいません。

さて、ではイーサリアムを入手するには具体的にどのような方法があるかというと、

 

1,現金やビットコインで購入する
 →お持ちの現金(法定通貨)や販売所によってはビットコインなどの仮想通貨でもイーサリアムを購入する。
 (主にビットコインがイーサリアムと購入できる場合が多いです。またビットコインの場合「購入」というより「交換」と表記されている場合もありますが、こちらの場合はどちらにしても同じような事です。)

2,マイニング(採掘)を行う
 →マイニング(採掘)という方法で、イーサリアムの取引所データの管理作業に協力し、その報酬としてイーサリアムを得る。
 (※ビットコインよりは比較的一般人でも手の出しやすいのがイーサリアムのマイニングですが、マイニングにおける専門知識・専用機器・電気代が必要なりますので、資産に余裕のない方や初心者がすぐに黒字を出すのは難しいと考えられる手法です。)

3,購入・マイニング以外の方法で収入として得る
 →各取引所のキャンペーン利用、またはイーサリアム支払いを行っている依頼主の仕事の報酬、その他譲渡などの方法で得る。

 

イーサリアムの入手方法には、大きく分けて上記3種類の方法が考えられます。

ただ、3種類あるとはいえ、イーサリアムを始めてみたい、希望額分で購入してみたいという方には1のみをオススメします。

2と3の方法においては、説明文をご覧頂ければお分かり頂ける通り、「準備」「入手するための仕事や作業」が必要で、キャンペーンなどは運が悪ければ実施期間を待たなければなりませんので、すべてにおいてイーサリアム入手までにほぼ「1日以上」の時間がかかるわけですね。

ですので、基本的に「イーサリアムを入手したい(買いたい)」と思われる方は、1の「現金やビットコインでイーサリアムを購入する」という方法がおすすめです。

準備編・イーサリアムが購入できる販売所/取引所について

それでは次に、本題の「イーサリアムの買い方・売り方」のご説明に入っていきます。

まず、イーサリアムを現金あるいはビットコインで購入する上で、最も一般的でオススメな手法は「取引所」を利用する事です。

補足として、「取引所」という言葉の他に「販売所」「交換所」などという言葉を見かける事があると思いますが「販売所」は名の通り「仮想通貨を販売所という企業から購入する場所」です。

そして「取引所」「交換所」というのは「所持している現金や仮想通貨を利用して、不特定多数の相手と取引(トレード)をする場所」です。

つまり「取引所」=「交換所」です。

ただ、最近の取引所のほとんどは「販売所」としての機能も持っている為、当記事でも取り上げるのは「販売所」の機能をもった「取引所」となります。

その為、2点の名称の本来の意味合いの区別は認識して頂いた上で、仮想通貨を購入するなら「(販売所の機能をもった)取引所」を利用するのが一般的とご理解下さい。

さて、そんな仮想通貨(暗号通貨)取引所ですが、実際にどのくらいの種類があるのでしょうか。

主な日本国内の取引所を以下に挙げてみます。

・bitFlyer(ビットフライヤー)

・Coincheck(コインチェック

・Zaif(ザイフ)

・bitbank(ビットバンク)

・Lemuria(レムリア)

・BITPoint(ビットポイント)

・FISCO(フィスコ)

・BTCBOX(BTCボックス)

・QUOINE(コイン)

これらが日本国内では知名度のある仮想通貨取引所(※)となっています。
(※当記事では「仮想通貨取引所」と記載していますが、「暗号通貨取引所」という言い方もあります。当記事ではこれらは同じ意味合いだとご理解頂いて構いません。)

また、アメリカでメジャーなのは「Kraken(クラーケン)」という取引所です。

では今回は、上記の日本国内の取引所でも「イーサリアムを取り扱っている」知名度・評判、そしてオススメ度の高い2つの取引所をピックアップして、各取引所の簡単な特徴と具体的な「イーサリアムの買い方・売り方」をご紹介していきたいと思います。

実践編・取引所でのイーサリアムの買い方・売り方

まず、こちらは基本的な事ですが、イーサリアムの売買を行うには仮想通貨専用の「ウォレット(財布)」アカウントを作成しなければなりません。

この「ウォレット」というのは、簡単にいえば「仮想通貨専用の口座」の事ですね。

銀行に預金するためにはまず銀行口座を開設しなければなりません。

これと同じように、仮想通貨の場合はオンライン上に仮想通貨専用の口座「ウォレットアカウント」を取引所で登録を行い、口座開設を行う必要があります。

そして仮想通貨のやりとりはそのウォレット内で行う事になります。

このウォレットアカウントの登録法については、以下で各取引所ごとに紹介記事リンクを掲載しているので、それぞれの解説ページをご覧ください。

では、いよいよ取引所でのイーサリアムの買い方・売り方を各取引所の簡単な概要と共にご紹介していきます。

「bitFlyer(ビットフライヤー)」でのイーサリアムの買い方・売り方

「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、「取引所に迷ったらココ!」というくらいに日本国内ではメジャーな取引所です。

最近ではイーサリアムの知名度も徐々に上がってきており、日本国内でもイーサリアムが利用できるという事でもより人気が高くなっているのがこの「bitFlyer(ビットフライヤー)」です。

また安心感のある取引所で「イーサリアムの現物取引ができる」というメリットも捨てがたい取引所です。

・「bitFlyer(ビットフライヤー)」の入金手数料

「クイック入金/コンビニ入金」

手数料:324円(税込)/件

上限:コンビニ入金の場合、1回の取り扱い金額は30万円まで

「銀行振込」

手数料:無料

上限:1円以上であれば入金額に条件はなし

※銀行手数料のみユーザー負担

※USドルは不可

(※「bitFlyer(ビットフライヤー)」は「クレジットカード決済」にも対応している取引所ですが、クレジット購入ができるのはビットコインのみで、イーサリアムはクレジット購入ができないので、今回は記載しておりません。
気になる方は「【簡単】ビットコインの買い方・売り方まとめ【bitFlyer・Coincheck・Zaif】」をご覧下さい。)

・「bitFlyer(ビットフライヤー)」でのイーサリアム購入・売却手順

※「bitFlyer(ビットフライヤー)」のアカウント登録(口座開設)については「【信頼できる?】「ビットフライヤー(bitFlyer)」の評判と口コミ」の記事をご参照下さい。

以下では、アカウント登録や決済に必要な条件・入金を完了し、残高なども必要分そろっているという状態を前提として記載します。

~【bitFlyer】「イーサリアム販売所」での買い方・売り方~

1,マイページにログイン後、画面左のメニューバーから「イーサリアム販売所」を選択

2,購入画面に移動したら画面右側に表示されている「数量(ETH)」の入力フォームに、購入したいイーサリアムの数量を入力する。

3,入力後、右の「日本円参考総額」に問題がなければ、フォーム下の「コインを買う」をクリック

4,購入が無事完了すれば、画面右上の残高に増減が起こっていると思うので、そちらが確認できたら無事、購入処理も完了です。

イーサリアムを売る場合も、同様の工程を行った上で3で「コインを売る」をクリックし、4で購入額通りの増減が確認できれば売却完了です。

:ワンポイント:

「イーサリアム販売所」のメリットとしては表示された価格で、明確な相手(「ビットフライヤー」)から購入ができ、また安定した速度での購入が可能ですが、デメリットとして「取引所で購入するよりも高価での購入となる」という点があります。

~【bitFlyer】「イーサリアム取引所」での買い方・売り方~

※「bitFlyer(ビットフライヤー)」のイーサリアム取引所は「bitFlyer Lightning」という名称です。また、こちらでは「イーサリアムの取引用にビットコインが必要」となりますので、こちらにアクセスする前にビットコインを用意しておくと良いでしょう。

1,イページにログイン後、画面左のメニューバーから「bitFlyer Lightning」を選択
(画面遷移後に音が流れる仕様になっています。移動する際は音量にご注意下さい。)

2,移動すると、黒を背景としたページ「bitFlyer Lightning」の画面に切り替わります。
これを確認したら、画面上のバーで「BTC/JPY」が黄色で表示されているのを確認します。

3,その状態から灰色で表示されている「ETH/BTC」をクリックし、「イーサリアム」の取引ができる状態に切り替えます。

4,画面中央より右に「売り」「買い」というボタンが大きく表示されているフォームがあるので、そちらでフォーム上部のタブで「数値」が選択されていることを確認します。
(「数値」になっていなければ「数値」をクリックしましょう。こちらの「数値」での発注が、基本的な「取引(買い・売り注文を出すもの)」と同じものとなります。)

5,次にフォーム欄の左に表示されている注文版を確認し、自分の希望内容に合ったものと、「Ask(赤字)」で表示された売り注文を確認し、購入したい分のイーサリアム数量を「数量」に入力。

6,1ETHあたりの価格が「価格」にすでに表示されている価格で問題なければそのまま。
希望にそぐわない場合は希望する価格をフォームに入力します。
(※こちらの「価格」には日本円ではなくビットコインでいくらかが表示されています。間違えないよう注意しましょう。)

7,上記までの操作で問題がなければ、フォーム下の「買う」をクリックし、その後の確認画面等での指示に従い、終了すれば注文完了です。

8,注文が確定すると、画面内下部に表示されている「履歴」に発注情報が記載されます。
取引所相手が見つかった場合は「取引履歴」に、まだ約定していない場合は「注文」に発注した取引情報が掲載される仕組みですので、確認しておきましょう。
(取引所成立後は残高に変化が起こっていますので、約定した場合は残高も確認しておくと良いでしょう。)

※イーサリアムを売りたい場合は、上記の流れの中で「数量」は「売りたい数量」、「価格」は「1ETHあたりいくら(BTC)で売りたいか」という事になりますので、これらに希望する数値を入力し「売る」をクリックしたら後は同じです。

:ワンポイント:

①こちらの「bitFlyer Lightning」の画面はいくらかカスタマイズが可能で「サウンド」の項目から「消音」や「背景色の変更」は「設定」から可能ですので、必要な方はカスタマイズしましょう。

②注文版の見方について、赤字で表示されている「ASK」とは「売り注文」です。「イーサリアム〇〇枚(Askにある数値)を、1ETHあたり〇〇BTC(中央列にある数値)で売りますよ」という見方をします。

そして、黄色字で表記されている「Bid」とは「買い注文」。

「イーサリアム〇〇枚(Bidにある数値)を、1ETHあたり〇〇BTC(中央列にある数値)で買いますよ」という見方をします。

そしてこれら、赤字と黄色字の境目となる表の中央部分のが「取引成立しやすい(取引相手が見つかりやすい)」値になります。

「売り注文(Ask)」は表の上から「1ETHあたりの売値が高い順」で並んでいます。

「買い注文(Bid)」は表の中央部分から「1ETHあたりの買値が高い順」で並んでいます。

ですので「売り注文」を出す場合に、早く成立してほしい、流れてほしくない場合は「買い注文」の上部(表の中央)寄りの数値で注文を出しましょう。

そして「買い注文」を出す際は、「時間がかかっても安く買いたい場合」は表の上部寄りの数値、「多少高くてもなるべく早く買いたい場合」は表の黄色字の中央寄りの数値に近い注文を出しましょう。

こうすることで、ニーズに合った注文を出すことができます。

ただし、あまりに破格すぎるものや無茶な価格提示は、単純にそのまま取引相手がみつからず注文版を流れて行ってしまうだけなので、なるべく注文版の価格を参考にしながら売買発注を行うようにすると良いでしょう。

以上が、仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」についての特徴や「イーサリアムの買い方・売り方」の手順についての解説でした。

「Coincheck(コインチェック)」でのイーサリアムの買い方・売り方

「Coincheck(コインチェック)」は、何よりも「取り扱い通貨が豊富」という点が大きな魅力おなっている仮想通貨取引所です。

またサイトやアプリが見やすく扱いやすいという点からもイーサリアムをこれから始めてみたいという初心者や、多種類にわたる仮想通貨を利用して、通貨の幅をさらに広げてみたいという中級者異能の方の活動展開にもオススメな取引所となっております。

・「Coincheck(コインチェック)」での入金手数料

「Coincheck(コインチェック)」は銀行振込の際にUSドルが使用できるという利点があります。

「クイック入金/コンビニ入金」

手数料:3万円未満の場合 756円

   :3万円以上の場合 1,000円

   :50万円以上の場合 入金金額×0.108%+486円

入金最低額:3,000円から

上限:コンビニ入金のみ1回299,500円まで(1日当たりの上限はない) 

「銀行振込」

手数料:日本円の場合 無料(銀行手数料のみユーザー負担)

   :USドルの場合 25USドル+振込手数料

上限:なし(※)

※上限額において、

「電話番号認証」が完了していると「50,000円まで」

「本人確認」が完了していると「無制限」での入金が可能となります。

(※「Coincheck(コインチェック)」は「クレジットカード決済」にも対応している取引所ですが、クレジット購入ができるのはビットコインのみで、イーサリアムはクレジット購入ができないので、今回は記載しておりません。
気になる方は「【簡単】ビットコインの買い方・売り方まとめ【bitFlyer・Coincheck・Zaif】」をご覧下さい。)

・「Coincheck(コインチェック)」でのイーサリアム購入・売却手順

※「Coincheck(コインチェック)」でのアカウント登録(口座開設)については「【本当に大丈夫?】「コインチェック(Coincheck)」の評判と口コミ」の記事をご参照下さい。

~【Coincheck】「イーサリアム販売所」で買い方・売り方~

1,マイページにログイン後、画面左のメニューバーから「コインを買う」を選択します。
(またはホーム画面上部の「取引所」を選択→中央部にある「イーサリアム」のアイコンをクリックすることでも購入画面に移動できます)

2,コインの種類が「Ethereum」になっているのを確認したら、表示されたフォーム「数量(ETH)」に購入を希望するイーサリアムの数量を入力。
(この時点で「ビットコイン」が選択されている場合は必ず「Ethereum」を選択してから数値を入力しましょう)

3,「交換する通貨」では「日本円(JPY)」か「ビットコイン(BTC)」を選択することができますので、希望する通貨を選択

4,「レート」に表示された数値(ETH/〇〇)と合計を確認し、問題がなければ「購入する」をクリック

5,その後、画面右上の残高欄で「ETH」が増え「JPY」または「BTC」が減っていれば購入が無事完了したという事になります。

※イーサリアムを売る場合は、同じくメニューバーの「コインを売る」を選択し、買う場合と同じように「Ethereum」になっていることを確認し売りたい数量を「数量(ETH)」に入力し、問題なければ「売却する」をクリックします。
買うとは逆に「ETH」が減り「JPY」が増えていれば売却が無事完了したという事になります。

:ワンポイント:

「Coincheck(コインチェック)」におけるイーサリアムの購入においては、2017年6月ではまだ「クレジット購入」と「取引」における購入方法は採用されていません。

ですので、日本円またはビットコインを利用した「販売所」での利用のみとなっております。

ただ、今後クレジット決済や取引での運用も導入されると考えられますので、どのような方式でイーサリアムを購入したいかを確認してから、損のない方法で購入すると良いでしょう。

以上が、仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」についての特徴や「イーサリアムの買い方・売り方」の手順についての解説でした。

最後に

いかがでしたでしょうか?
今回は、イーサリアムの買い方・売り方を、「イーサリアム(Ethereum)」を取り扱っており、今人気のある2社の仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Coincheck(コインチェック)」をピックアップしてご紹介いたしました。

ビットコインの後を追うように人気や相場の上昇をみせているイーサリアムですが、現在ではまだ購入出来る場所が少ない仮想通貨になります。

ですが、上記2社は十分に力のある取引所となっておりますので、2社で更にイーサリアムの購入における選択肢が増えればより活用しやすい通貨となるでしょう。

購入手順においてもご覧いただいた通り対して難しいものではありません。

その為、ビットコインともう1種類、という時には今後の将来性も期待されるイーサリアムの購入も、ご紹介した取引所で検討してみてはいかがでしょうか。

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】