【簡単やさしい!】ビットコインの買い方・売り方まとめ【bitFlyer・Coincheck・Zaif】

ビットコインの買い方・売り方まとめ

今回は、ビットコインを始めてみたいけど、具体的に何をすればいいのかわからない。

または、登録はしたけどそれ以降どうすれば良いのかわからない。

という方へ、ビットコインの購入法や、実際にどのような操作をして売買するのかといった、「ビットコインの買い方・売り方」についてをわかりやすく簡単にご紹介します。

基礎知識編・ビットコインを入手するには?

まず、こちらではビットコインの入手方法についてを簡単にお示しします。

「その前に、ビットコインって何?」という方は当サイトの【バカでも分かる】ビットコインとは何か?分かりやすく簡単に説明!の記事をご参照下さい!

基礎知識は不要!という方はこちらを飛ばし「実践編・取引所でのビットコインの買い方・売り方」に移ってしまってかまいません。

さて、ビットコインを入手するには具体的にどのような方法があるかというと

1,現金で購入する
 →お持ちの現金(法定通貨)を使用し、販売所や取引所でビットコインを買う。
  (ビットコインと換金できる別の仮想通貨をすでに所持している場合は、
  その仮想通貨を支払いビットコインを購入することも可能です。)

2,マイニング(採掘)を行う
 →マイニング(採掘)という方法で、ビットコインの取引データの管理作業に協力し、その報酬としてビットコインを得る。
 (※この方法は現在、専用の高性能コンピューターを使用し、大規模な資産力を要する作業となっており、一般人では困難な方法となっております。)

3,購入・マイニング以外の方法で収入として得る
 →各取引所のキャンペーンの利用や、またはビットコイン支払いを行っている依頼主からの仕事の報酬としてビットコインを得るなど。

大きく分けて上記3種類のような入手方法があります。

ただ、3種類あるとはいえ、ビットコインを始めてみたい、希望額分購入してみたいという方には1の方法以外はオススメいたしません。

ですので、基本的に「ビットコインを入手したい(買いたい)」と思われる方は、1の方法で「現金でビットコインを購入する」という方法がおすすめです。

準備編・ビットコインが購入できる販売所/取引所について

では、今回の本題「ビットコインの買い方・売り方」のご紹介に入っていきましょう。

まず、ビットコインを現金で購入するための最も一般的でオススメなのは「取引所」を利用する事です。

補足として、「取引所」という言葉のほかに「販売所」「交換所」などという言葉も目にすると思いますが、まず「取引所」=「交換所」と認識してください。

どちらも働きは同じです。

次に「販売所」というのは「取引所」とイコールではありませんので、別の機能をもつものだと認識して下さい。

ただし、最近では多くの「取引所」が「販売所」としての機能も持っている為、「販売所」としてだけの機能をもっている企業は利用をお勧めしていません。

更にいえば、販売所のみの企業を探すのは時間がかかるものでもありますので、ビットコインの入手時に利用するのは「取引所」と認識頂いて構いません。

さて、そんな仮想通貨(暗号通貨)取引所ですが、どのくらいの種類があるのでしょうか。

主な日本国内の取引所を以下に挙げてみます。

・bitFlyer(ビットフライヤー)

・Coincheck(コインチェック

・Zaif(ザイフ)

・bitbank(ビットバンク)

・Lemuria(レムリア)

・BITPoint(ビットポイント)

・FISCO(フィスコ)

・BTCBOX(BTCボックス)

・QUOINE(コイン)

これらが日本国内では知名度のある仮想通貨取引所(※)となっています。

(※当記事では「仮想通貨取引所」と記載していますが、「暗号通貨取引所」という言い方もあります。当記事ではこれらは同じ意味合いだとご理解頂いて構いません。)

また、アメリカでメジャーなのは「Kraken(クラーケン)」という取引所です。

では今回は、上記の日本国内の取引所でも知名度・評判、そしてオススメ度の高い3つの取引所をピックアップして、各取引所の簡単な特徴と具体的な「ビットコインの買い方・売り方」をご紹介していきたいと思います。

実践編・取引所でのビットコインの買い方・売り方

まず、こちらは基本的な事ですが、ビットコインの売買をするには仮想通貨専用の「ウォレット(財布)」アカウントを作成しなければなりません。

この「ウォレット」というのは、いってしまえば仮想通貨専用の口座のことですね。

銀行にお金を預ける際にも、銀行口座を開設し、それから預金などを行います。

これと同じように、仮想通貨の場合はオンライン上になりますが、ご自身が選んだ仮想通貨取引所でウォレットアカウントの登録(=口座開設)を行い、そのウォレット内でビットコインの売買をしたり入出金、送金などを行います。

このウォレットアカウントの登録法については、以下で各取引所ごとにリンクを掲載しているので、それぞれの解説ページをご覧ください。

ではいよいよ、取引所でのビットコインの買い方・売り方を各取引所の簡単な概要と共にご紹介していきます。

「bitFlyer(ビットフライヤー)」でのビットコインの買い方・売り方

「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、「取引所に迷ったらココ!」というくらいには日本ではメジャーな取引所です。

ここ最近でビットコインの知名度はより高まってきましたが、そのビットコインをはじめとする仮想通貨(暗号通貨)取引の7割はこの「bitFlyer(ビットフライヤー)」で行われているともいわれているそうです。

・「bitFlyer(ビットフライヤー)」での入金手数料

「bitFlyer(ビットフライヤー)」は入出金手数料が比較的安価というのがポイントです。

「クイック入金/コンビニ入金」

手数料:324円(税込)/件

上限:コンビニ入金の場合、1回の取り扱い金額は30万円まで

「銀行振込」

手数料:無料

上限:1円以上であれば入金額に条件はなし

※銀行手数料のみユーザー負担

※USドルは不可

「クレジットカード決済」

対応ブランド:日本国内発行のVISA・MASTER

手数料:固定された手数料はなく、購入時の価格に含まれている

最低額:1回1,000円以上

上限:1日1,00,000円まで

※手数料単体で表示されることはなく、クレジットカード決済でビットコインを購入する際は、その手数料も含まれた値段が購入価格として表示される。

※決済後1週間(取引日から7日後まで)はビットコインの売却・送付不可

※クレジット決済を行うには、「本人書類の提出」「電話番号認証」が必須。

・「bitFlyer(ビットフライヤー)」でのビットコイン購入・売却手順

※「bitFlyer(ビットフライヤー)」でのアカウント登録(口座開設)については

「【信頼できる?】「ビットフライヤー(bitFlyer)」の評判と口コミ」の記事をご参照下さい。

以下ではアカウントの登録や、決済に必要な条件や入金が完了し、残高なども必要分整っているという状態であることを前提として記載します。

 

~【bitFlyer】「ビットコイン販売所」での買い方・売り方~

1,マイページにログイン後、画面左のメニューバーから「ビットコイン販売所」を選択

2,購入したい希望額を「数量(BTC)」のフォームに入力し、間違いがなければフォーム下の「コインを買う」をクリック

3,残高が必要分整っていれば購入完了後、画面右上の「残高(BTC)」が増え、「残高(JPY)」が減っているという変動が起きているので、確認できたら完了。

※売る場合も同様の工程を行ったうえで、3においてBTCが減り、JPYが増えていれば処理は無事完了しているという事になります。

:ワンポイント:

「ビットコイン販売所」のメリットとしては表示された価格で、明確な相手(「ビットフライヤー」)から購入でき、また安定した速度での購入が可能ですが、デメリットとして「取引所で購入するより高価な買い物になる」という点があります。

 

~【bitFlyer】「クレジットカード決済」での買い方~

1,マイページにログイン後、画面左のメニューバーから「クレジットカードで買う」を選択

2,金額入力フォーム上部のタブが「今すぐ購入」になっていることを確認する。違っている場合は「今すぐ購入」を選択

3,購入したい希望額を「ビットコインご購入金額(日本円)」の入力フォームに入力する。

4,「ビットコイン(BTC)購入数量」のフォームに表示されている値に問題がなければ、フォーム下部の「購入内容確認画面に進む」をクリック

5,その後認証などの必要な入力を完了し、カード認証が完了すれば残高に変動が出ているので、それが確認できれば無事処理が完了した証拠です。

:ワンポイント:

クレジットカード決済を行うためには必要な条件(本人確認・銀行口座登録など)がありますので、クレジットをご利用になりたい方はアカウントの登録後に必要条件を満たしておくようにしましょう。

また、クレジット決済の場合、購入から一週間(7日後まで)は売却・送付はできませんのでご注意ください。

またクレジットカードのデメリットは「手数料が比較的高い」という点ですが、明確に手数料が表示されるわけではないので、時間に余裕がある場合はビットコインの相場と見合わせながら損がないタイミングでクレジット決済を行うと良いでしょう。

 

~【bitFlyer】「ビットコイン取引所」での買い方・売り方~

1,マイページにログイン後、画面左のメニューバーから「ビットコイン取引所」を選択

2,画面右側に表示されている注文版を見て、どのような注文が出されているかを確認します。

3,自分の希望内容に合ったものと、「Ask数量(BTC)」欄と緑字で表示された売り注文を確認し、購入したい分のビットコイン数量を「数量(BTC)」に入力。

4,1BTCあたりの価格が「価格(BTC/JPY)」にすでに表示されている価格での購入で問題なければそのまま、希望と違えば希望する価格をフォームに入力します。

5,それで問題なければフォーム下部の「コインを買う」をクリックし、その後の確認画面で問題なければ「注文実行」をクリックし注文完了です。

6,この後はページ下部の「注文履歴」に無事ご自身の注文が表示されていれば処理も完了です。

7,注文が確定すると、履歴内のステータスの欄が「完了」となっていれば無事注文に応じた取引相手が見つかり、取引成立となり、ビットコインの購入が完了となります。
(取引成立後は残高に変動が起こっているので、そちらでも一応確認しておきましょう。)

※売りたい場合は、上記の流れの中で「数量(BTC)」は「売りたい数量」、「価格(BTC/JPY)」は「1BTCあたりいくら(円)で売りたいか」という事になりますので、これらに希望する数値を入力し「コインを売る」をクリックしたら後は同じです。

:ワンポイント:

注文版の見方について、中央部分の「BTC/JPY」が緑字で記されている「Ask数量(BTC)」は「売り注文」です。「ビットコイン〇〇枚(Ask数量にある数値)を、1BTCあたり〇〇円(BTC/JPYにある緑字の数値)で売りますよ」という見方をします。

そして、「Bid数量(BTC)」で「BTC/JPY」が赤字で記されているのは「買い注文」。

「ビットコイン〇〇枚(Bid数量にある数値)を、1BTCあたり〇〇円(BTC/JPYにある緑字の数値)で買いますよ」という見方をします。

そしてこれら、緑字と赤字の境目となる表の中央部分のが「取引成立しやすい(取引相手が見つかりやすい)」値になります。

「売り注文(Ask)」は表の上から「1BTCあたりの売値が高い順」で並んでいます。

「買い注文(Bid)」は表の中央部分から「1BTCあたりの買値が高い順」で並んでいます。

ですので「売り注文」を出す場合に、早く成立してほしい、流れてほしくない場合は「買い注文」の上部(表の中央)寄りの数値で注文を出しましょう。

そして「買い注文」を出す際は、「時間がかかっても安く買いたい場合」は表の上部寄りの数値、「多少高くてもなるべく早く買いたい場合」は表の緑字中央寄りの数値に近い注文を出しましょう。

こうすることで、ニーズに合った注文を出すことができます。

ただし、あまりに破格すぎるものや無茶な価格提示は、単純にそのまま取引相手がみつからず注文版を流れて行ってしまうだけなので、なるべく注文版の価格を参考にしながら売買発注を行うようにすると良いでしょう。

 

以上が、仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」においての特徴や「ビットコインの買い方・売り方」の手順についての解説でした。

「Coincheck(コインチェック)」でのビットコインの買い方・売り方

「Coincheck(コインチェック)」は、何よりも「取り扱い通貨が豊富」という点が大きな魅力となっている仮想通貨取引所です。

また、見やすく扱いやすいという点からもビットコインをこれから始めてみたいという初心者から、多種類にわたる仮想通貨を利用してみたい、扱う通貨の幅を広げてみたいという中級者の活動展開としてもオススメできる取引所となっています。

・「Coincheck(コインチェック)」での入金手数料

「Coincheck(コインチェック)」は銀行振込の際にUSドルが使用でき、クレジットカードにおいても主要な3ブランドに対応していたりと使い勝手の良い入金システムとなっています。

「クイック入金/コンビニ入金」

手数料:3万円未満の場合 756円

   :3万円以上の場合 1,000円

   :50万円以上の場合 入金金額×0.108%+486円

入金最低額:3,000円から

上限:コンビニ入金のみ1回299,500円まで(1日当たりの上限はない) 

「銀行振込」

手数料:日本円の場合 無料(銀行手数料のみユーザー負担)

   :USドルの場合 25USドル+振込手数料

上限:なし(※)

※上限額において、

「電話番号認証」が完了していると「50,000円まで」

「本人確認」が完了していると「無制限」での入金が可能となります。

「クレジットカード決済」

対応ブランド:VISA・MASTER・JCB(3ブランドのデビットカードも可)

最低額:5,000円以上

上限:日本国内発行カードの場合 100万円まで

   海外カードの場合 1万円まで

※手数料単体で表示されることはなく、クレジットカード決済でビットコインを購入する際は、その手数料も含まれた値段が購入価格として表示される。

※24時間曜日を問わず即日最低5,000円最大100万円分(海外カードの場合は1万円)まで購入可

※クレジット決済を行うには、「電話番号認証」の完了が必須。

※「本人確認」が済んでいない場合、決済後1週間(取引日から7日後まで)はビットコインの売却・送付不可

 

・「Coincheck(コインチェック)」でのビットコイン購入・売却手順

※「Coincheck(コインチェック)」でのアカウント登録(口座開設)については【本当に大丈夫?】「コインチェック(Coincheck)」の評判と口コミ」の記事をご参照下さい。

以下ではアカウントの登録や、決済に必要な条件や入金が完了し、残高なども必要分整っているという状態であることを前提として記載します。

 

~【Coincheck】「ビットコイン販売所」での買い方・売り方~

1,マイページにログイン後、画面左のメニューバーから「コインを買う」を選択します。

(「Coincheck(コインチェック)」では「かんたん購入」が「販売所」での購入にあたるものです)

2,コインの種類が「ビットコイン」になっているのを確認したら、表示されたフォーム「数量(BTC)」に購入を希望するビットコインの数量を入力し、表示されたレートと手数料、合計を確認し、問題がなければ「購入する」をクリック

3,その後、画面右上の残高欄で「BTC」が増え「JPY」が減っていれば購入が無事完了したという事になります。

※ビットコインを売る場合は、同じくメニューバーの「コインを売る」を選択し、買う場合と同じように「ビットコイン」になっていることを確認し売りたい数量を「数量(BTC)」に入力し、問題なければ「売却する」をクリックします。

買うとは逆に「BTC」が減り「JPY」が増えていれば売却が無事完了したという事になります。

:ワンポイント:

「ビットコイン販売所(かんたん購入)」のメリットとしては表示された価格で、明確な相手(「コインチェック」)から購入でき、また安定した速度での購入が可能ですが、デメリットとして「取引所で購入するより高価な買い物になる」という点があります。

 

~【Coincheck】「クレジットカード決済」での買い方~

1,マイページにログイン後、画面左のメニューバーから「クレジットカードで買う」を選択

2,表示された画面では、希望額にチェックを入れて購入する方法と、下部の「金額を指定して購入する」という購入法が表示されるので、お好みの方法で希望額を選択(入力)し、問題なければ「購入する」をクリック

3,以降に表示される必要事項があればそれらを正しく入力し、認証が完了すれば購入完了です。

4,その後「BTC」残高部分に変動が出ていれば購入処理も無事完了となります。

:ワンポイント:

クレジットカード決済を行うためには必要な条件(本人確認・銀行口座登録など)がありますので、クレジットをご利用になりたい方はアカウントの登録後に必要条件を満たしておくようにしましょう。

また、クレジット決済の場合、「電話番号認証」だけでも利用可能になりますが、「本人確認」まで終了していないと、購入から一週間(7日後まで)は売却・送付はできませんのでご注意ください。

またクレジットカードのデメリットは「手数料が比較的高い」という点ですが、明確に手数料が表示されるわけではないので、時間に余裕がある場合はビットコインの相場と見合わせながら損がないタイミングでクレジット決済を行うと良いでしょう。

 

~【Coincheck】「ビットコイン取引所」での買い方・売り方~

※ここでは「現物取引」での買い方・売り方をご紹介します。

1,マイページにログイン後、画面上部の「取引所」を選択

2,「取引所」の画面に遷移するので、フォーム右側に表示されている注文版「買い版/売り版」を見てどのような注文が出されているかを確認します。

3,自分の希望内容に合ったものと赤字の「売」と表示された売り注文を確認し、入力フォーム下の「買い」が選択されている(フォーム背景が緑色になっている)ことを確認し、購入したい分のビットコイン数量を「注文量(BTC)」に入力。

(「売り」が選択されている場合は背景が「赤色」になっていますので、「買い」をクリックして戻しましょう)

4,1BTCあたりはどの程度の価格を希望するかを「レート(BTC/JPY)」に入力し、そのレートで購入すると、日本円では合計どのくらいになるのかという「概算」を確認し

、問題なければ「買い」になっていることを確認し「注文する」をクリックします。

5,この後はページ下部の注文履歴に無事ご自身の注文が表示されていれば処理も完了です。

(すぐに約定しなければ「未約定の注文」、約定すれば「約定履歴」に表示され、BTC残高に変動が起こっています。)

※売りたい場合は上記の流れの中で確認するのは緑字の「買」と表示されている「買い注文」です。そして入力フォームは「買い」(背景は赤)になっていることを確認したうえで「注文量(BTC)」と「レート(BTC/JPY)」で売りに出すための数値を入力し、後の流れは同じです。

:ワンポイント:

注文版の見方について、赤字の「売」は「売り注文」です。「ビットコイン〇〇枚(注文量にある数値)を、1BTCあたり〇〇円(レートの赤字の数値)で売りますよ」という見方をします。

そして、「買」で緑字で記されているのは「買い注文」。

「ビットコイン〇〇枚(注文量にある数値)を、1BTCあたり〇〇円(レートの緑字の数値)で買いますよ」という見方をします。

そしてこれら、赤字と緑字の境目となる表の中央部分のが「取引成立しやすい(取引相手が見つかりやすい)」値になります。

「売り注文(売)」は表の上から「1BTCあたりの売値が高い順」で並んでいます。

「買い注文(買)」は表の中央部分から「1BTCあたりの買値が高い順」で並んでいます。

ですので「売り注文」を出す場合に、早く成立してほしい、流れてほしくない場合は「買い注文」緑字の上部(表の中央)寄りの数値で注文を出しましょう。

そして「買い注文」を出す際は、「時間がかかっても安く買いたい場合」は赤字の上部寄りの数値、「多少高くてもなるべく早く買いたい場合」は表の赤字中央寄りの数値に近い注文を出しましょう。

こうすることで、ニーズに合った注文を出すことができます。

ただし、あまりに破格すぎるものや無茶な価格提示は、単純にそのまま取引相手がみつからず注文版を流れて行ってしまうだけなので、なるべく注文版の価格を参考にしながら売買発注を行うようにすると良いでしょう。

 

以上が、仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」においての特徴や「ビットコインの買い方・売り方」の手順についての解説でした。

 

「Zaif(ザイフ)」でのビットコインの買い方・売り方

「Zaif(ザイフ)」は日本国内の取引所で唯一「MONA(モナーコイン)」と「NEM/XEM(ネム)」や数多くのトークンを取り扱っている取引所で、コイン積立ができる事でも有名です。

その他にも提携先が多岐にわたることから、決済法などの幅も広く、仮想通貨の投資も始めやすい取引所となっています。

そしてやはり、「マイナス手数料」(手数料が逆に返ってくる)というシステムにも大変注目が集まっています。

 

・「Zaif(ザイフ)」での入金手数料

「Zaif(ザイフ)」では入金方法が他2社よりもやや少なめとなりますが、クレジットカードの最低入金額が1,000円と、少額から購入できるというのが嬉しいポイントです。

「コンビニ入金」(※クイック入金は不可)

手数料:入金額が3万円未満の場合 378円

    入金額が3万円以上の場合 486円

    入金額が5万円以上の場合 別途印紙税200円

上限:特に表記なし

※1日5万円以上の入金を行う場合は「本人確認」の手続きが必要

※「コンビニ入金」を行う場合は。「電話番号認証」「本人確認」が完了していなければならない。

「銀行振込」

手数料:無料

上限:特に表記なし

※銀行手数料のみユーザー負担

※1日5万円以上の入金を行う場合は「本人確認」の手続きが必要

※USドル使用不可

「クレジットカード決済」

対応ブランド:日本国内発行のVISA・MASTER

手数料:固定された手数料はなく、購入時の価格に含まれている

最低額:1回1,000円以上

上限:10万円まで

※5,001円以上の決済を行う場合は「本人確認」を完了させる必要がある。

※クレジット決済を行うには、「本人書類の提出」「電話番号認証」が必須。

・「Zaif(ザイフ)」でのビットコイン購入・売却手順

※「Zaif(ザイフ)」でのアカウント登録(口座開設)については「【怪しい?マイナス手数料って?】取引所「ザイフ(Zaif)」の評判と口コミ」の記事をご参照ください。

以下ではアカウントの登録や、決済に必要な条件や入金が完了し、残高なども必要分整っているという状態であることを前提として記載します。

 

~【Zaif】「ビットコイン販売所」での買い方・売り方~

1,マイページにログイン後、画面下部のメニューリスト「Zaif」の列から「簡単売買」を選択します。

(「Zaif(ザイフ)」では「簡単売買」が「販売所」での購入にあたるものです)

2,「簡単売買」のページに画面遷移すると、画面中央に「BITCOIN簡単売買」「MONACOIN簡単売買」の表記の下に売買用のフォームが表示されますので、フォーム上のタブが「BITCOIN簡単売買」の表示部分の背景が白になっている(「BITCOIN簡単売買」が選択されている)状態になっているのを確認します。

3,問題なければ赤い背景のフォームに、購入を希望するビットコインの数量を「数量(BTC)」に入力、または希望する日本円を「設定金額(円)」に入力し、連動して表示された価格で問題なければ「BITCOINを買う」をクリック。

4,すると注文確認画面が表示されるので、30秒以内に確認を行い問題がなければ「OK」をクリックします。

5,その後、画面右上の「JPY」「BTC」の欄に増減が起こっているので、それが確認できれば無事購入完了です。

※ビットコインを売る場合は、同じく2までの工程に進み「売却」用の青色が背景になっている法のフォームで「売りたい数量(BTC)」を入力し、連動して算出された「設定金額(円)」を確認し、問題なければ「BITCOINを売る」をクリックし、後は同じです。

:ワンポイント:

「ビットコイン販売所(かんたん購入)」のメリットとしては表示された価格で、明確な相手(「コインチェック」)から購入でき、また安定した速度での購入が可能ですが、デメリットとして「取引所で購入するより高価な買い物になる」という点があります。

 

~【Zaif】「クレジットカード決済」での買い方~

1,マイページにログイン後、画面下部のメニューリスト「Zaif」の列から「クレジットカードで購入」を選択します。

2,「クレジットカードで購入」の画面に移動しますので、そこで「1.通貨を選択」で「BTC(ビットコイン)」が選択されていることを確認する。

(選択されていなければクリックして選択します。)

3,希望する購入金額を「2.購入金額の決定」のフォームに入力します。

4,「3.購入量を確認」で表示されているBTCが問題なければ「購入手続きへ」をクリック。

5,すると「〇〇BTCを〇〇円で購入します。」という画面が表示されるので、問題なければ20秒以内に「OK」をクリック。

6,その後、認証に必要な入力作業があれば指示に従い入力を済ませ、決済を完了させます。

7,購入処理が完了すると、画面右上の「BTC」の数値が変動します。数値が問題なく変動していれば購入処理も無事に完了したという事になります。

:ワンポイント:

クレジットカード決済を行うためには必要な条件(本人確認・銀行口座登録など)がありますので、クレジットをご利用になりたい方はアカウントの登録後に必要条件を満たしておくようにしましょう。

また、クレジット決済の場合、「本人確認」まで終了していないと5,001円以上の決済はできませんのでご注意ください。

またクレジットカードのデメリットは「手数料が比較的高い」という点ですが、明確に手数料が表示されるわけではないので、時間に余裕がある場合はビットコインの相場と見合わせながら損がないタイミングでクレジット決済を行うと良いでしょう。

 

~【Zaif】「ビットコイン取引所」での買い方・売り方~

1,マイページにログイン後、画面下部のメニューリスト「Zaif」の列から「取引」を選択します。

2,「取引」の画面の遷移するので、画面中央部左側に表示されている注文版「売買注文」を見て、現在どのような注文が出されているのかを確認します。

3,自分の希望内容に合ったものと、「売気配数」に数値があり「気配値」が緑字で表示されている売り注文を確認し、入力フォーム上部のタブで「現物買い」が選択されている状態であることも確認します。

4,確認後、購入したい分のビットコインの数量を「買いたい量(BTC)」に入力し、次に1BTCあたりはどの程度の価格を希望するかを「1BTCの価格(JPY)」に入力します。

5,入力情報に問題がなければ、フォーム下の「買い注文」をクリック。

6,注文が無事発注された状態になると、画面中央列の「注文と履歴」の欄に注文履歴が表示され、未約定の状態のものは「アクティブな注文」欄に、約定されたものは「取引履歴」に表記されます。

7,取引約定となり、無事に取引が成立すればビットコインの購入が完了です。各残高の数値に変動が出ていると思いますので確認しておきましょう・

※売りたい場合は、上記の流れの中でまず2の段階で「現物売り」を選択し、注文版では「買気配数」と「気配値」が赤字で表示されている買い注文を確認します。

その上でビットコインを売る上で希望する「1BTCあたりの価格(JPY)」とビットコインを「売りたい数量(BTC)」を入力し、「売り注文」のクリック。その後は同じです。

:ワンポイント:

注文版の見方について、中央部分の「気配値」が緑字で記されている「売気配数」は「売り注文」です。「ビットコイン〇〇枚(売気配数にある数値)を、1BTCあたり〇〇円(気配値にある緑字の数値)で売りますよ」という見方をします。

そして、「買気配数」で「気配値」が赤字で記されているのは「買い注文」。

「ビットコイン〇〇枚(買気配数にある数値)を、1BTCあたり〇〇円(気配値にある緑字の数値)で買いますよ」という見方をします。

そしてこれら、緑字と赤字の境目となる表の中央部分のが「取引成立しやすい(取引相手が見つかりやすい)」値になります。

「売り注文(売系配数)」は表の上から「1BTCあたりの売値が高い順」で並んでいます。

「買い注文(買気配数)」は表の中央部分から「1BTCあたりの買値が高い順」で並んでいます。

ですので「売り注文」を出す場合に、早く成立してほしい、流れてほしくない場合は「買い注文」の上部(表の中央)寄りの数値で注文を出しましょう。

そして「買い注文」を出す際は、「時間がかかっても安く買いたい場合」は表の上部寄りの数値、「多少高くてもなるべく早く買いたい場合」は表の緑字中央寄りの数値に近い注文を出しましょう。

こうすることで、ニーズに合った注文を出すことができます。

ただし、あまりに破格すぎるものや無茶な価格提示は、単純にそのまま取引相手がみつからず注文版を流れて行ってしまうだけなので、なるべく注文版の価格を参考にしながら売買発注を行うようにすると良いでしょう。

 

以上が、仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」においての特徴や「ビットコインの買い方・売り方」の手順についての解説でした。

最後に

いかがでしたでしょうか?

今回は、ビットコインの買い方・売り方を、今人気のある3社の仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」「Coincheck(コインチェック)」「Zaif(ザイフ)」をピックアップしてご紹介してみました。

仮想通貨の売買というのは、難しいように見えて操作だけであれば意外と簡単です。

手数料、または大金を動かすとなれば相場変動の見極めなど、細かな知識をつけていかなくてはなりませんが、試しに買ってみたい、という場合であれば少額からも始められるのが仮想通貨ですので、無理のない価格から購入してみてはいかがでしょうか。

今回は急ぎ足でのご紹介でしたが、各取引所には今回ご紹介できなかったコンテンツや、各取引所が取り扱っている数多くの仮想通貨はビットコイン以外にも存在します。

特に「bitFlyer(ビットフライヤー)」では、実際に登録後どのような画面で操作を行うのかというデモンストレーションを体験することもできますので、ぜひ一度興味があれば各取引所の公式サイトも覗いてみてください。

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】