【仮想通貨】ハッキングに強い!分散型取引所「EtherDelta(イーサーデルタ)」とは?登録と口コミ

ブロックチェーン上で取引を行う分散型取引所「EtherDelta(イーサーデルタ)」とは?

仮想通貨の話題が大きくなり始めた2017年を経て、世界には仮想通貨だけではなく取引所も多く誕生しました。

2018年現在も、新しい取引所の誕生やや、各取引所の新サービスが展開されるなど新しいコンテンツ展開がめまぐるしく起こっています。

その中で、「分散型」という単語は多く目にしてきたと思います。

こちらは仮想通貨の取引情報を管理するハッキング防衛に長けているシステム「ブロックチェーン」で管理されるコンテンツを示す際によくみられる名称です。

この「分散型」という表示がある場合は、「中央管理者」または「特定の運営者」が存在しないコンテンツ、サービスと認識してよい場合がほとんどです。

そして今回ご紹介するのが、そんな「分散型」のシステムを基盤とする仮想通貨取引所「EtherDelta(イーサーデルタ)」です。

また「EtherDelta」のメリットについては「ハッキングに強い」という点だけでなく、


・ICO直後または未上場のトークンが取引される可能性がある
 (未上場のトークンには、稀ながら
  将来高値がつく可能性があると言われている為、注目されています。)

・運営者がいない為、サーバーダウンやサービスの停止、
 または運営側のミスによる資産損失などの危険性がない

・ブロックチェーン技術により、誰もが不正のできない取引所となっている

・本人確認などなく、
 「Google Chrome」と「取引用資産」を用意するだけで取引が可能となる

などといったメリットがあり、一般的に運営会社のある取引所にはないセキュリティ面の安心感が特徴的な取引所です。


ただし、海外ベースで設けられている取引所であるために「日本語」「日本円」は利用できないので、感覚としては「海外取引所」として区別してよいでしょう。

また、運営元がある海外取引所で有名なのが「Poloniex」などですが、こちらももちろん「日本語」「日本円」利用は不可です。

こちらの点は海外取引所ではおなじみのデメリットになっていますが、こういった事がある為、基本的に日本人であれば日本国内の大手取引所でも口座を持っておくことをオススメしています。

 

分散型仮想通貨取引所「EtherDelta(イーサーデルタ)」に登録する前に……

上記でご紹介した通り、「EtherDelta(イーサーデルタ)」は海外取引所の区分になるため、「日本語」「日本円」の利用ができません。

その為、これから「EtherDelta」を始めてみたいという方で、国内の取引所に登録をされていない方は、国内の大手取引所への登録をおすすめします。

なぜ大手取引所かは、その安心感や安定感もある事が多く、さらには利用者も多いので取引量も柔軟性に富んでいる為です。

まだ国内取引所や大手取引所を体験されていない方は、よろしければ以下もご参照ください。

 

日本国内の取引所のアカウント登録(口座開設)をしておきましょう!

すでに国内取引所の口座開設が済んでいる方は、さっそく「EtherDelta」のアカウント登録へと進んでみてください。

もし、国内取引所でどこで口座開設するかを迷っている、と言う方はまず大手取引所として有名な「bitFlyer」「Zaif」に注目してみてください。

使い勝手もよく、セキュリティ面にも安心感があります。

そんな2社の大手取引所ですが、当サイトでも各取引所のご紹介や登録方法を詳しくご紹介しています。

よろしければ当記事と併せて以下もご活用ください。

 

【オススメ★国内大手取引所:紹介&登録方法】

【信頼できる?】「ビットフライヤー(bitFlyer)」の評判と口コミ

【怪しい?マイナス手数料って?】取引所「ザイフ(Zaif)」の評判と口コミ

すぐに各大手取引所の登録&本人確認の方法を知りたい方

【見ながら操作するだけ!誰でもスグできる!】「bitFlyer(ビットフライヤー)」口座の作り方

【誰でもカンタン!みるだけでデキる!】「Zaif(ザイフ)」口座の作り方

をご活用ください。

 

取引所「EtherDelta(イーサーデルタ)」の手数料と取扱通貨一覧

「EtherDelta」の手数料

「EtherDelta」の手数料については注意が必要で、「取引・入金・出金」すべてで手数料がかかる仕様となっております。

これが「EtherDelta」のデメリット部分でもあるのですが、操作ミスで発生してしまった手数料は、サポートがいない事からも取り戻せませんので、何かしらの操作をする際はしっかりと確認した上で行える状況でするようにしましょう。

ただし、「発注」するだけであれば手数料はかかりません。

「EtherDelta」の取引手数料は、最大0.0003ETHほどとなっており、2018年2月時点ですが約26円ですので、手数料としても高めです。

またこの手数料がミスで発生してしまっても取り戻せないという事ですので、「EtherDelta」での各操作は慎重かつ、ネット環境の良好な場所で行うようにしてください。

 

「EtherDelta」の取扱通貨一覧

「EtherDelta」で取り扱われている通貨(トークン)の数はとにかく多いので(約600種類以上)、こちらではお示ししきれない為「EtherDelta」の公式ページよりご覧ください。

公式ページにアクセスし、画面左下をご覧いただくか、メニューバーの「Tokens」をクリックすると取り扱われている通貨が表示されます。

また、取り扱われているのは「Ethereum」ベースのトークンです。

 

「EtherDelta(イーサーデルタ)」の口座開設方法

こちらでは「EtherDelta」でのアカウント登録(口座開設)の実際の流れをご紹介します。

まず、「EtherDelta」ではワンクリックでアカウントが作成できるのですが、直接「EtherDelta」でアカウントを作成すると管理の手間やセキュリティ面に不安が出る為、基本的にはGoogleChromeで利用できるウォレット「METAMASK(メタマスク)」で取引用アカウントを作成します。

「METAMASK」でのアカウント登録はコチラ↓

「EtherDelta」公式サイトはコチラから↓

以下では、上記の「METAMASK」でのユーザー登録から「EtherDelta」への連携までの手順を簡単にまとめてみました。

以下は、「GoogleCrome」のブラウザで行う事を前提にお示しします。

もし「GoogleChrome」をインストールされていない方は、インストール後に以下の手順を進めてください。


1、「METAMASK」の公式ページへアクセスする
2、画面中央に表示されている「GET CHROME EXTENSION」をクリック
3、クロームにプラグインが追加できたら、プラグインを開く
4、表示された利用規約に同意する
5、次に登録用フォームに希望するパスワードを入力する
6、入力に間違いがなければ「CREATE」をクリックする
7、無事に「METAMASK」のアカウントが作成できたら、そのまま「EtherDelta」の公式ページを表示する
8、画面右上のアカウント部分が緑色になっていれば連携完了となる
 (もし追加されていない場合は、「Select account」→「Immport account」の順にクリックし、先ほど作成した「METAMASK」でのアカウントをインポートする)


以上のような流れでアカウント登録(口座開設)が可能です。

また「METAMASK」でのアカウント登録方法と「EtherDelta」への連携方法については、以下の記事で更に詳しくご紹介しています!

【本人確認不要!カンタン!】分散型取引所「EtherDelta」口座の作り方

 

【口コミ】「EtherDelta」の安全性や評判は?

今回は、海外ベースの分散型仮想通貨取引所「EtherDelta(イーサーデルタ)」についてをご紹介させて頂きました。

こちらの「EtherDelta」は、一般的に取引所として紹介される「運営が存在する取引所」と違い「運営(サポート)が存在しない取引所」です。

ただし、その取引データに関してはすべてブロックチェーン上に保存されるため、不正や人間のミスによる預金流出、ハッキングによる損失のリスクが非常に低いものとなります。

また、Ethereumトークンであれば、一般の取引所の出回っていないような未上場、無名コイン等も多く取引されています。

その為、将来に大きな価値の出る草コインを見つける可能性もある、という点でも注目されています。

ただしその反対に、「秘密鍵」を漏らしてしまった場合のサポートは一切ありませんし、バグが出た場合も誰もサポート業務を行ってはくれません。

ですので、不正の危険性はない分そういった点ではユーザー自身がしっかりとアカウントの管理を行わなければならないので、初心者向きの取引所ではありません。

また日本語・日本円の対応もありませんので、国内取引所にアカウントを持っており、ある程度仮想通貨の扱いに慣れた中級以上の方向けの取引所となっております。

ただ、手数料が高めで、「出金・入金・取引」すべてに手数料がかかるとはいえ、「EtherDelta」でなければ購入できない通貨や、ICOのプレセールも行われるなどもあるようですので、「ICO」方面に注目している方は、「EtherDelta」を視野にいれておいてよいでしょう。

いずれにしても登録は無料で、本人確認もありませんので「EtherDelta」用にアカウントを作成し登録するだけであれば損はありません。

ただし、秘密鍵を漏らしてしまった場合は誰もサポートしてくれませんので、安全保証はありません。

ですので、「EtherDelta」をお使いになる際は秘密鍵や資産の保護はご自身でしっかりとしておく必要があります。

この点については十分にご注意ください。

その他、「EtherDelta」についてはTwitterなどでもちらほらと名前をみかけますが、やはりICO(トークンセール)やプレセールなどの話題、あるいは唯一ここで上場しているといった知名度の低いトークンなどの話題でよくあげられています。

その為、取引量はまだまだ少なめで、希望に合った取引をみつけられない事もあるかもしれませんが、利用者数は少ないわけではありません。

ですので、今後にも期待値が高まる取引所となっております。

メリットとデメリット、それぞれ重要な事が多い「EtherDelta」ですので、ご自身にあったうまい活用法を見つけ、ぜひとも分散型取引所「EtherDelta(イーサーデルタ)」も体験してみてはいかがでしょうか。

 

※投資活動のすべては投資者の自己責任となります。
 どのような形であれ、投資される際は、ご自身の資産や現状を見極め
 念入りな調査を踏まえた上で、後悔のない投資を行うようにしましょう。

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】