【信頼できる?】仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」手数料や評判口コミ!リップル上場はいつ?

仮想通貨「Lisk(リスク)」が新規上場した取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」とは?

取引所名bitFlyer/ビットフライヤー
運営元日本
公式サイトhttps://bitflyer.jp/
社長加納 祐三 氏
取扱通貨数7種類
スマホアプリiOS:〇
Android:〇
対応表記言語日本語・英語・中国語・フランス語・韓国語
日本語対応
日本円対応
銀行振込
クレジットカード
コンビニ入金
仮想通貨交換業者登録(※)
※2018年では、仮想通貨を取り扱う取引所(業者)は「金融庁の審査」を受ける事となっており、こちらの審査を通過し、金融庁からの登録(仮想通貨交換業者登録)が済んでいる業者は「金融庁に運営を認められている業者」となっています。


「bitFlyer(ビットフライヤー)」3大メリットはコレ!

1⃣ビットコイン取引量日本一!※1
2⃣最高強度のセキュリティ
3⃣コイン送金は1秒で完了!※2
(※1・シード・プランニング社調べ:2017年2月・仮想通貨取引所ビジネスの市場規模調査)
(※2・bitWire使用時)


日本初の仮想通貨取引所として現在も人気のある大手取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」は、仮想通貨初心者から上級ユーザーにもおすすめの取引所となっております。

最近では「Lisk(リスク)」も新規上場となり、ビットフライヤーの取り扱い通貨数は全7種類となりました。

またここ最近は「Ripple(リップル)」も上場するのではないか、というウワサがあるようですが、公式サイトではまだ「いつリップルが上場するのか」「上場予定があるのか」に関する情報は出ておりません。

ただ今回、金融庁による交換業者としての登録も済み、今後更に大きく展開していくであろう取引所ですので、今後の新銘柄上場にも期待がかかっています。

 

「ビットフライヤー」で口座開設(アカウント登録)する前に……

大手取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」では、メールアドレスひとつで簡単に口座開設する事ができますが、その前に「ビットフライヤー」の手数料・取り扱い通貨、そしてメリットデメリットなどをおさらいしておきましょう。

それより早く登録したい!とお急ぎの方はコチラから無料登録が可能です。

また、登録方法や本人確認の方法についても当サイトでわかりやすく解説しておりますので、以下の記事をご活用ください。

【見ながら操作するだけ!誰でもスグできる!】「bitFlyer(ビットフライヤー)」口座の作り方

 

「bitFlyer(ビットフライヤー)」取り扱い通貨/銘柄一覧

◍Bitcoin/ビットコイン(BTC)
◍Ethereum/イーサリアム(ETH)
◍Ethereum Classic/イーサリアムクラシック(ETC)
◍Litecoin/ライトコイン(LTC)
◍Bitcoin Cash/ビットコインキャッシュ(BTC/BCH)
◍Monacoin/モナコイン(MONA)
◍Lisk/リスク(LSK)

「bitFlyer(ビットフライヤー)」手数料一覧

◆基本手数料
アカウント作成手数料:無料
アカウント維持手数料:無料

◆売買手数料

◆ビットコイン売買手数料 詳細

◆入出金(送金)手数料


(参考画像:「bitFlyer」公式サイトより)

 

「bitFlyer(ビットフライヤー)」スマホアプリ

ビットフライヤー(bitFlyer)アプリは現在「iOS」「Android」アプリがあります。

・iOS(App Store)/推奨環境:-iPhone 5 以上/iOS 10 以上

・Android(GooglePlay)/推奨環境:Android 4.4 以上

推奨環境に達していない機器でアプリを起動すると不具合の原因となりますので、推奨環境を十分に満たした上でインストールをオススメいたします。

アップデートも日々行われている為、古いバージョンに比べ、より使いやすくなってきているようです。

 

【口コミ】「bitFlyer(ビットフライヤー)」の評判は?

「bitFlyer(ビットフライヤー)」の評判についてはまず以下をご覧ください。


👤「ビットフライヤー」の評判・良い口コミ

・株主が大手企業であったり、セキュリティ面についても安心感や信頼性が高い

・スマホアプリが「iOS」「Android」でも出ているため、スマホでも利用しやすい

日本でも知名度が高いし業績も良いから、初心者でも安心して始められる

・ユーザーのニーズに合わせて個人・法人・FXなどのサービスの選択ができる

・アカウントの作成が非常に簡単で、個人情報を登録すればさらに多くの機能が使える


👤「ビットフライヤー」の評判・悪い口コミ

・取り扱っている仮想通貨の種類が少ない(ビットコイン・イーサリアムのみ)

・日本円で出金するときの手数料が三井住友銀行以外にしようとすると高い

・スマホアプリ内でのチャートが初心者には見にくく、期間指定も選択肢が少ない

・カード手数料が高い

・多くの仮想通貨に興味を持っていると物足りなさを感じる


このような点がビットフライヤーへの評判として見受けられるものでした。

ここからまとめると

✅安全性・信頼度重視で、
 会社の評判が良い取引所で長く仮想通貨を保管したい

✅とりあえずビットコインの購入から始めてみたい

という方にはビットフライヤーはオススメです。

ですが、

・10種類以上の多くの種類の仮想通貨を取り扱っている取引所がいい

というような方には不向きな取引所となります。

 

ということで、金融庁からの交換業者登録を受けている事からも
ビットフライヤーの会社やサービスの評判自体に怪しい点や不安要素は見受けられません。

ただ、まだ取り扱っている仮想通貨の種類と、アプリの使いやすさに不満があるなど、他の取引所と比較した際に課題が残る取引所となっています。

とはいえ、ビットフライヤーでの口座開設に必要なのは「メールアドレスのみ」ですので、アカウント作成も無料で維持費もかかりません。

そういった点からも、使用感の確認も含め試しに口座を開設してみるのも良いかもしれません。

 

「bitFlyer(ビットフライヤー)」口座開設方法と買い方売り方

こちらでは、「ビットフライヤー」の口座開設(アカウント登録)方法についてご紹介します。

↓登録はコチラから可能です。

以下ではまず、簡単な登録手順をまとめてみました。


1、ビットフライヤー公式サイトトップぺージにある「メールアドレス入力欄」にメールアドレスを入力する。
2、「アカウント作成」をクリックする
3、「ビットフライヤー」から送られてきたメールに記載されたURLをクリック
(またはサイトに表示されているポップアップに記載されているキーワードを入力し「アカウント作成」をクリック)
4、画面遷移後、必要事項にチェックをし「bitFlyerをはじめる」をクリックする
5、アカウント作成完了


以上のような流れでアカウント登録(口座開設)が可能です。

また、「bitFlyer」の口座開設と本人確認の登録方法については、以下の記事で更に詳しくご紹介しています!

【見ながら操作するだけ!誰でもスグできる!】「bitFlyer(ビットフライヤー)」口座の作り方

更に、ビットコインの買い方・売り方についてもこちらでご紹介しております。

【簡単やさしい!】ビットコインの買い方・売り方まとめ【bitFlyer・Coincheck・Zaif】

 

最後に

今回は「ビットフライヤー(bitFlyer)」における概要や、特徴、評判、そしてアカウントの作成についてをご紹介させていただきました。

ビットフライヤー(bitFlyer)は現在大きく発展している取引所であり、やはりその安心感や信頼度の高さは期待値のもてる取引所となっています。

その為、今後も新規上場する銘柄にも様々期待がかかってます。

そんな「ビットフライヤー」ですが、今回は補足として仮想通貨のFX取引も可能な「bitFlyer Lightning(ビットフライヤー ライトニング)」についてと、「bitFlyer」という会社についてを最後にご紹介したいと思います。

 

【FX】「bitFlyer Lightning(ビットフライヤー ライトニング)」とは?

こちらでは、「ビットフライヤー」のFX機能を含んだ取引所サービスである「bitFlyer Lightning(ビットフライヤー ライトニング)」についてご紹介いたします。

こちらは簡単にいえば、FX取引もできる多機能な「取引所」です。

「ビットフライヤー」のマイページにログインすると「ビットコイン販売所」「アルトコイン販売所」「ビットコイン取引所」というメニューに加えて「bitFlyer Lightning(ビットフライヤー ライトニング)」という表示があります。

これらはそれぞれ、ビットコインの取引(売買)の方法や手数料に違いがあります。


まず、「取引相手」です。

「販売所」の場合、取引相手は「bitFlyer」です。

「取引所」と「bitFlyer Lightning」の場合の取引相手は「bitFlyerのユーザー」となります。
つまり「取引所」で行われるのはユーザー間での取引となるわけですね。


また、「手数料」においては「取引所」と「bitFlyer Lightning」の方が割安です。


そして「どのような取引が可能か」という事についてですが、
「販売所」では主に販売所にて表示された金額での売り買いのみが可能です。

「取引所」では自分で指定した額での取引の注文(指値注文)が可能です。

更に「bitFlyer Lightning」では、上記の「指値注文」のほか「成行注文」、「特殊注文(IFD注文、OCO注文、IFDOCO注文、ストップ注文、ストップリミット注文、トレーリング・ストップ注文)」そして「FX(BTC-FX)」を含む多彩な方式での取引が可能となります。


このように、それぞれは「取引相手」「手数料」「可能な取引方法」が異なります。

上記の特殊注文については、更に以下をご参照ください。

(参考画像:「bitFlyer」公式サイトより)

ですが、実際のところ「指値注文」(自分で指定した値で取引を行う注文形式)が可能であればこだわりのあるユーザーでなければ通常的な取引はことたります。

ではどのような場合に「bitFlyer Lightning」が必要になるかと言うと「FX」です。

成行注文なども「bitFlyer Lightning」でなければできませんが、主に「bitFlyer Lightning」を利用される方の目的は「FX」かと思います。

ですが、ここで取引するのは証券ではなく仮想通貨(ビットコインなど)です。

つまり、「bitFlyer Lightning」では「仮想通貨を利用してFXを行う」という目的がある方にはぜひチェックして頂きたい機能です。

ただし、初級ユーザーや、「指値注文」だけ出来ればよいというユーザーは「ビットコイン取引所」で十分でしょう。

こちらの「bitFlyer Lightning」では、その「指値注文」「成行注文」「FX」以外にも特殊注文という形式で利用範囲が広がりますので、これから「bitFlyer」を利用するという方も、今まで「bitFlyer Lightning」は利用したことがなかったという方も、ぜひその多機能な取引所についてをご確認下さい。

 

大手企業の株主を得た「株式会社 bitFlyer(ビットフライヤー)」ってどんな会社?

「ビットフライヤー」は、「ビットコイン」「イーサリアム」などの仮想通貨を取り扱う、日本の取引所の中でも知名度が非常に高い国内大手取引所です。

また高いのは知名度だけではなく、安心感や信頼性、そして会社の資本力やビットコインの取引量なども同様にトップクラスに位置しています。

そんな「ビットフライヤー」取引所ですが、実は数十年の老舗というわけではなく、2014年1月9日に設立され、今年2018年に4周年を迎えた比較的新しい取引所なのです。

ですがその成長度合は期待値の高いもので、「ビットフライヤー」でのビットコインの月間取引金額は2015年頃には10億円程度のものが、2016年末ごろには2,500億円を超えるほどにまで飛躍したのだそうです。

この成長の目まぐるしさは、ビットフライヤーの力強さを感じる数値です。

また、2017年5月15日からは女優である成海 璃子さんが出演されているビットフライヤーのテレビCMが放送開始されるなど、ビットフライヤーの知名度も今後より高まっていく事が予想されます。

更に、ビットフライヤーの強みは大手企業を株主として得ている事です。

その株主企業を挙げてみると、「三井住友グループ・SMBCベンチャーキャピタル」「みずほフィナンシャルグループ」「三菱UFJキャピタル株式会社」「第一生命」「三井住友海上キャピタル株式会社」などといったように、皆さまにもなじみのある企業となっています。

勿論これらの企業以外にもまだ複数の大手企業がこのbitFlyerの株主となっています。
(こちらの株主一覧は「bitFlyer」の公式サイトのトップページでもご参照頂けます。)

そして何より、公式サイトトップページに記載されている

「ビットコイン取引量 日本一(※2017年2月・シード・プランニング社調べ)」

「当社は、お客様の資産の安全性向上のための2種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約しています。」

という文それぞれが、より取引所への安心感を与えてくれます。

更には、資産における安全性向上の為に2種類の損害保険を国内大手損害保険会社と契約しているなど、より一層利用者への安心感を高めて運営をしている取引所ですので、これを機に国内大手取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」を体験してみてはいかがでしょうか。

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】