【仮想通貨】手数料が低くて日本語にも対応!「Binance(バイナンス)」の登録と口コミ

日本語対応もしており、安価な手数料で取引可能な海外取引所「Binance(バイナンス)」とは?

海外取引所といえば、「日本語非対応」が注意事項となることが多い中、日本語にも対応した海外取引所が登場しました。
(※2018年1月下旬は、公式メンテナンス中となっており日本語版は閲覧できない状態になっています。ご注意ください。)

また、日本語対応だけでなく、ICO直後のトークンの取り扱い、安価な手数料での取引が可能などは、海外取引所でも大きなメリットとなります。
(※「ICO(トークンセール)」についてはコチラの記事をご参照ください。)

そして今回ご紹介するのが、そんな3点のメリットを兼ね備えた珍しい海外取引所「Binance(バイナンス)」です。

「Binance」は海外の仮想通貨取引所なのですが、珍しく日本語対応している点が大きなメリットです。

海外取引所といえば、ICO直後のトークン(仮想通貨)の取り扱いや安価な手数料はあまり珍しくありません。

また仮想通貨の種類が豊富なのは「Poloniex」や「BITTREX」も同じです。

ただその中でも日本語対応がある海外取引所はかなり少ないのです。

ですので、「Binance」はこの海外取引所ならではのデメリットを解消しているという点で是非注目して頂きたい取引所です。

更に注目したいのは、海外取引所ならではのもう一つのデメリット。

「日本円入金の不可」と言う点。

現時点ではまだ明確な動きはありませんが、「Binance」が東京にオフィスを設立したという話題の次に「日本円」が利用可能になるという可能性も示唆されています。

その為、今後の期待は更に高まっている話題の取引所となっております。

ですので、今後仮想通貨を取り扱っていく方々は、「Binance」にも注目しておくとよいでしょう。

 

仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」に登録する前に……

上記でご紹介した通り、海外取引所でありながら「日本語対応可」であることから、言語の問題はない「Binance」ですが、現時点ではまだ日本円の利用ができません。

と言う事から、すぐに「Binance」を体験してみたいという方は、まず日本円で入金が可能な国内の大手取引所に登録し、ビットコインやイーサリアムなどの利用可能通貨を入手しましょう。

また、海外取引所と言う点から、念のためという事を考え大きな額を預金する場合は国内取引所が安心です。

というのも東京にオフィスを構えたとはいえ、こちらはつい最近のことですので、預金するならば、管理人からは安定感のある国内取引所をオススメします。

 

日本国内の取引所のアカウント登録(口座開設)しておきましょう!

もし国内酉の口座開設が済んでいる方は、さっそく「Binance」のアカウント登録へと進んでみてください。

先ほどもお示しした通り、現段階では「日本円が利用不可」という点と、「預金するなら国内取引所」という事もあり、

・まだ仮想通貨を持っておらず、国内取引所にも登録していない
・仮想通貨初心者である

という方はまず、国内で信頼度の高いbitFlyer」「Zaif」に注目してみると良いでしょう。

使い勝手もよく、セキュリティ面にも安心感のある国内大手取引所です。

そんな2社の大手取引所ですが管理人よりオススメの取引所として、そてぞれのメリットや特徴、アカウント登録(口座開設方法)などをわかりやすく解説しています。

よろしければ当記事と併せてご活用ください。

 

【オススメ★国内大手取引所:紹介&登録方法】

【信頼できる?】「ビットフライヤー(bitFlyer)」の評判と口コミ

【怪しい?マイナス手数料って?】取引所「ザイフ(Zaif)」の評判と口コミ

すぐに各大手取引所の登録&本人確認の方法を知りたい方

【見ながら操作するだけ!誰でもスグできる!】「bitFlyer(ビットフライヤー)」口座の作り方

【誰でもカンタン!みるだけでデキる!】「Zaif(ザイフ)」口座の作り方

をご活用ください。

取引所「Binance(バイナンス)」の手数料と取扱通貨一覧

「Binance」の手数料

「Binance」の取引手数料は安価であることがメリットとしてもあげられています。

そんな手数料は、通常取引の場合「0.1%」です。

また、「Binance」で利用できる独自トークン「BNB」を利用する事で、その手数料を更に50%OFF(0.05%)にまでする事が可能です。

その為、多額での取引をする際はこちらを活用するとよりお得に取引が可能となります。

 

「Binance」の取扱通貨一覧

次に「Binance」で取り扱われている通貨数は約80種類以上となっております。

メジャーなものとしては

・BTC(Bitcoin/ビットコイン)
・ETH(Ethereum/イーサリアム)
・LTC(Litecoin/ライトコイン)
・XRP(Ripple/リップル)

などが有名どころですが、上記以外にもご紹介した「Binance」専用通貨

・BNB(Binance/バイナンス)

が取り扱われています。

そして、上記以外にも以下のような仮想通貨が取り扱われています。

また、「Binance」では、上場通貨の決定がコミュニティー投票でも決定されますので、こちらも積極的に利用していく事で、期待されているかどうかの精査にも活用できるでしょう。

 

「Binance(バイナンス)」の口座開設方法!

こちらでは「Binance」でアカウント登録(口座開設)の実際の流れをご紹介します。

アカウント開設はコチラから↓

以下ではまず、簡単な登録手順をまとめてみました。


1、「Binance」の公式トップページにアクセスする
2、トップページ右上に表示されている「登録」をクリック
3、表示された登録用の各フォームに必要事項を入力し、利用規約にチェックを入れる
4、間違いがないか確認したら「Register」をクリック
5、先ほど入力したメールアドレスの受信ボックスを確認する
6、「Binance」からのメールが届ているのを確認し開封する
7、「送信されてきたメール本文に掲載されているURLをクリックする
8、URL先ではログイン画面が表示されるので必要事項を入力しログインする
9、無事ログインできれば「Binance」への登録は完了となる


以上のような流れでアカウント登録(口座開設)が可能です。

また「Binance」の口座開設と二段階認証の方法については、以下の記事で更に詳しくご紹介しています!

【安価な手数料!本人確認不要!】「Binance」口座の作り方

 

【口コミ】「Binance」の安全性や評判は?

今回は、海外の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」についてをご紹介させて頂きました。

こちらの「Binance」は、比較的新しい取引所でありながらも、多くのメリットをもつ海外取引所です。

そんな「Binance」ですが、日本円対応がまだない事から、こちらの点だけ続報に期待として、国内取引所との併用が必要となります。

ただ、もしも今後日本円対応が十分な体制になれば、国内取引所のメリットを踏まえた国際取引所となります。

その為、期待値は非常に高い取引所となっております。

ただし、まだ日本にオフィスが出来てから新しいという点もあり、資産の預金をする取引所としてはまだ様子を見た方がよいでしょう。

実際にTwitterなどでの口コミをみてみても、まだまだ安定感のない日本進出(日本語対応も含め)には賛否両論あるようです。

最近ではCoincheckのトラブルもあり、再び仮想通貨取引所や仮想通貨へ信頼がもてなくなってしまった方も出てきているようです。

その為、「Binance」も今後は安定感のあるサービス提供が求められます。

今後、「Binance」に関してもどんどんと新しい情報が出てくることと思いますので、続報をチェックしつつ、登録だけ先に済ませておくなどして、いざという時にすぐ動けるように準備をしておくのが良いかもしれません。

管理人からは、「現段階では、全財産など多額資産の預金はおすすめしない」という点だけ「Binance」の活用ポイントとして提示させて頂きます。

ということで、以上の情報を踏まえ、活躍する場は多くなるであろう「Binance」をうまく活用してみてください。

※投資活動のすべては投資者の自己責任となります。
 どのような形であれ、投資をされる際は、ご自身の資産や現状を見極め
 念入りな調査を踏まえ、後悔のない投資を行うようにしましょう。

 

【オススメ!!★取引所ランキング】

1位【ビットフライヤー/bitFlyer】
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

2位【ザイフ/Zaif】